BLOG
ブログ

2019/10/04
おもしろい映画館のはなし

記事作成日:2019/10/04

記事を書いた人
matsumoto

matsumoto

最近、たいした事をしていないのですが(いつもだけど)

9月の三連休も特に旅行等もいかずじまいでした。

 

そのかわり映画はみてきました。

爆音上映の「プロメア」と、「ヴァイオレットエヴァーガーデン」です。

プロメアは堺と尼崎の両方に行きました。

 

尼崎の阪急塚口をおりてすぐに映画館があるのですが、ここがすごい。

映画館自体は古きよき映画館というようなところ。

席数もあまり多くはなく、スクリーンもTOHOシネマズとか行きなれてると小さい。

あんまり知らないのですが、スクリーン数もそんなになさそうです。

良くあるポップコーン売り場やチケット券売機のある広いロビーではなく、外へむき出しのカウンター。

ここでポップコーンも買えるみたいだけどどこからポップコーンだしてんの!?ってくらい製造機械が見当たらない。

地方の映画館です。まじ地方。

 

こんな小さなレトロ感の強すぎる映画館、なぜ閉店もせずにずっと続いているのか。

(私が幼いときに1回きています)

上映している内容が結構すごいそうで。

私はあんまり知らなくて申し訳ないのですが、結構コアなユーザー向けというか、なんか普通の映画館とは上映内容が違うようです。

普通に周りの映画館と同じような上映スケジュールではなく、もっとファンに寄り添った形というか・・・

変わった映画館という印象を受けました。

まず驚いたのが、プロメア上映終了後、拍手が一斉に沸きあがりました。

EDになっても誰も立ってなかったし・・・なんだこの一体感は!?

私は舞台を見に来ているのか・・・???観客のノリが映画ではない。

さらに、プロメアなんて人気なアニメ映画、全国で上映しているはずなのに、

何故かこの地方映画館の塚口限定で特別な展示を行っている。

そして私が今回見に行った日の上映会は、普通に見ることに専念した会だったんですが、

実はこのプロメアだけでも他に、掛け声OKな上映会もあったそうです。

え?ライブなの?

みんなで「うぉぉぉぉぉぉぉ」とかいってんの?

ほんとに映画?

 

プロメアが面白いのは当たり前なんですが、とりあえず映画館の雰囲気がすごかったです。

地方ならではと言う感じで。

 

ちなみに過去にバーフバリの上映もされていたそうですが、

そのときはみんなでインドカレーを食べながら見よう、みたいな上映をしていたとか何とか・・・

何それ面白すぎる。

 

多分ここ、映画館ではないです。ちょっと範囲の広いホームシアターです。

 

塚口プロメア上映を見た一週間後に、堺のMovixでまたまたプロメア爆音上映を見てきたのですが、

普通の・・・普通の映画館や・・・

って何故か驚きました。なぜ。

 

やっぱりスクリーンの大きさ、席数は圧倒的に大きいし、音質も良かったです。

ただ、塚口の爆音上映はチケットネット販売開始10分後に売り切れたそうですが、

堺では半分も席埋まってませんでした・・・みんな塚口好きかよ。

 

面白い上映をよくやっているそうなので、もし見たいもので気になる上映会があれば是非塚口の映画館へ行ってみてください。

 

上映「会」って言葉がぴったりはまりすぎて強い。会だよこんなの。

記事を書いた人
matsumoto

matsumoto

我が家の猫を愛してやまないクリエイターは私です。
高校では美術全般を勉強し、大学で映像系に進みました。
皆様の思いを形にできる様、精一杯頑張ります。
よろしくお願い致します。