映像制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2020/11/12
パテドカンパーニュ

記事作成日:2020/11/12

記事を書いた人
前田 武志

前田 武志

皆さんお肉は好きですか?

 

今日は嫁の両親が遊びに来ます。嫁の父はお肉が大好きなので、

フランスの田舎風パテ「パテドカンパーニュ」を作り、もてなそうと思います。

 

~本日のレシピ~

・皮ごと煮込んだコンソメスープ

・パセリの浅漬け

・生ハムとチーズ、パセリの葉と和辛子の和え物を添えて

・秋刀魚のガーリックオイル煮

・パテドカンパーニュ

・キノコたっぷりのチーズクリームパスタ

 

下ごしらえは秋刀魚から。

頭とはらわたを取って、塩を振り、しばらく置きます。

 

 

20~30分ほど置いておくと、

塩と身の塩分濃度の差(浸透圧)で、これだけ水分が出ます。
皮目の臭みもとれますし、身が程よく締まって、煮込んだ時に崩れにくくなります。

 

 

新鮮なのではらわたも香りが良く美味しそうでしたが、

オイルが濁ってしまうので今回は取り除きました。

 

オリーブオイル、にんにく、鷹の爪をフライパンで熱し、そこに秋刀魚入れ煮込みます。

火が狙ったころ合いに通る直前、パセリのみじん切りを入れます。

火を止め、別の容器に入れて一晩寝かせます。

 

 

次はパテドカンパーニュの仕込みです。

 

 

玉ねぎを水分を抜くイメージで炒めます。

少しくらい焦げても全然気にしません。

 

 

鶏の肝を流水で洗い、筋(すじ)や不要な油を取り除き、
臭みの元である血だまりを綺麗に取り除きます。

 

 

はつ(心臓)の中を切ると結構な血だまり!きれいに取り除きました。

 

 

自分は、さらに牛乳に漬け込み、臭みを取ります。

 

 

牛乳を洗い流し、肝を炒めます。

余分な脂はキッチンペーパーで拭き取ります。

 

 

軽く砕いた、ピスタチオナッツ、カシューナッツをすり鉢へ。

パテのつなぎにしたいのでなるべく細かくすりつぶします。

 

 

豚の引き肉、炒めた肝と玉ねぎをそのまますり鉢でこねます。

 

 

朝ごはんのシリアルの中から干しブドウやドライフルーツを取り出し、

アクセントとして加えてみました。

ナツメグ、ローズマリー、タイムも少しだけくわえました。

 

ベーコンを敷き詰めた容器にパテを詰めていきます。

空気を抜くため押さえつけるように詰め込みます。

ローレルの葉を数枚乗せ、アルミホイルでふたをします。

後はオーブンで焼くだけです。

 

 

1時間以上かけてお肉の焼き上げるので、部屋中にお肉のおしそうな香りが充満しています。

愛犬のマルレッティーがお肉の匂いを嗅ぎつけ、暴れ出しました。

 

 

パテが焼きあがり、粗熱がとれたら、冷蔵庫で一晩寝かせます。

この寝かせる事がとても大切で、ほんと美味しくなるんです。

 

前日の仕込みがやっと終わりました。

続きは写真を撮り忘れたので割愛します。

 

翌日、食卓はこんな感じです。

 

 

初めて作った「パテドカンパーニュ」。良い感じでハーブが利いて、とてもおいしく出来ました。

いやー料理ってホントに楽しいですね!

 

それではまた。

 

 

記事を書いた人
前田 武志

前田 武志

前職ではテレビ番組のディレクター、ミュージックビデオの演出を経験してきました。
撮影は人物や、パースを利かせたワイドな画が得意です。
編集は音楽に合わせたテンポ感あるものが得意です。