BLOG
ブログ

2019/11/07
令和猫年

記事作成日:2019/11/07

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

6月の中旬、高松の学友・T氏より入電。猫の赤ちゃんを保護したとのこと。6月27日に車でビュン!と迎えに。

我が家にやってきたときの重さは478g。推定令和元年5月産まれ。

名前は「ビビ子」。

友人夫婦は4匹も飼ってる猫好きで、私が引き取りに行くまで保護してた間、

この仔は臆病ですぐに逃げ隠れるといったビビり~な性格だったので友人夫婦はビビ子と呼んでいたようです。

友人宅に着いたとき、T氏の細君は「すがいくん名前かんがえてきたー?」というので

「うんん、ビビ子に決めてたよ。あなたたち含めみんなに可愛がってもらえる人が多いほうが善いから」というわけでビビ子に。

かくして讃岐うどんを掻き込んだのち、橋をふたつ越え淀川沿いの我が家へやって来たのである。

カンがいいののか、すぐに自意識が芽生えてきたらしい。

サバ白の鉢ワレカギ尻尾のビビ子。When she was 約3か月 at that time。

1回目の発情期を終えたビビ子。こんやもお出迎えしてくれます。

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

広告代理店の営業マンと並行して雑誌広告やTV-CMのアートディレクター、プランナー、コピーライター、カメラマンなどを経験。 写真は緑川洋一氏に約2年ほどお教えを乞う。言葉とビジュアルの表現ロジックに埋もれる。 今は新しい可能性を求め新たな門をくぐる。