BLOG
ブログ

2019/10/01
姫路城へ行ってタッチして帰りました。

記事作成日:2019/10/01

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

タイトルの通り、姫路城へ2週間前にタッチして帰ってきました。

なぜ、でしょう。

 

それは、9月中旬に配信がスタートしたゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の為。

私は、無類のドラゴンクエストファンなのですが、どれぐらいファンかというと、3年前に公演があった、ミュージカルも見に行った程。

ドラゴンクエストウォークは、所謂ポケモンGoのドラクエ版です。

ポケモンGoも配信当時は2週間ほど熱心にやったものですが、すぐに飽きて辞めてしまいました。

ポケモンGoのハリーポッター版なんて、1日で飽きてやめてしまいました。

 

ただ、ドラクエ好きの私にとって、このゲームは激アツで、ちょっとは熱心にやってみようと思ってやっています。

ただ、やはり、配信当初ほど熱心にはやはり続かず。原因は立ち上げていると、めちゃめちゃスマホのバッテリーを消費してしまう事。。。

 

とは、いうもののこのドラクエウォーク。ご当地のお土産を集めるとい仕組みがある為、それらを集めるためには、いろんな所に行くしかありません。。。

開始当初、大阪の新世界に設置されているお土産をGETする場所で「たこやきスライム」は早々に手に入れました。

なかなか、ひねりがあって面白いお土産ですよね。

 

その他の地域となるとなかなかハードルが高いのですが、なぜかノリで、姫路城へ行って、ご当地お土産をGETする事を決めてしまいました。

そこで手に入れたのが、こちら・・・。

 

めっちゃ時間かけていったのに、ひねりが無い!!!

「姫路城の置物」って。。。ちょっとくらいドラクエからめて欲しかった・・・。

 

 

このドラクエウォーク、「おっさんホイホイ」な様で周りの同世代の男性は結構やっていました。

しかも、かなりやりこんでいます。。。

きっと、そろそろ飽きてしまうと思うのですが、がんばってやれるとこまでやってみようと思います。

 

このゲームの良い所は、朝と夜の犬の散歩が楽しくなる所かな。

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!