BLOG
ブログ

2019/09/24
10years

記事作成日:2019/09/24

記事を書いた人
山下 裕子

山下 裕子

この連休中に誕生日を迎えました。

Googleさんが祝ってくれました。

母からは「自分の娘がこんな年齢なんて嘘みたい」ってメールが来ました。

 

思い返すと、がむしゃらに仕事に打ち込んだ20代。

まだギョーカイに女性が珍しい時代だったこともあり、悔しい思いをすることもたくさんありました。

でも、ナレーターさんや代理店さんといった厳しい大人に囲まれて鍛えていただいたことが

今の現場での度胸に繋がっているのだと思います。

 

30代に入り、勤めていたスタジオが業績悪化で廃業することに。

自分が駆け出しだった頃からの相棒のミキサー卓が運び出されていく時には涙が出ました。

あの光景は一生忘れません。

その後、ご縁があって今のシードアシストに入社。

技術はアナログからデジタルへの転換期。

前職で叶わなかったMac編集にワクワクしながらも、仕事として使いこなすために必死で勉強しました。

 

30代半ばからの一人暮らしを満喫した後に迎えた40代は、家庭と仕事の両立に奮闘。

笑う気力すら無くなることが何度もありながら毎日を乗り越えて、今日に至ります。

 

こうして今もまだ大好きな音響の仕事に携われていることに感謝。。。

 

いつもキリのいい年齢の誕生日を迎えると、とてもワクワクした気持ちになります。

また新しい10年を神様からポンって渡されたような感じ。

ロウソク5本。自分自身へおめでとう。

記事を書いた人
山下 裕子

山下 裕子

ナレーション録音ひとすじ20ウン年・・・いや、30年??? テレビを見ていても、ラジオを聴いていても、街を歩いていても、耳に入ってくる様々なナレーションが気になって仕方ありません。世の中から「残念なナレーション」を撲滅したい!「伝えたいことを正しく伝えるためのナレーション」を私と一緒に創りませんか?