BLOG
ブログ

2019/08/14
無花

記事作成日:2019/08/14

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

わたしの家から駅までの約10分間にいくつかの田畑の横を自転車で通りすぎます。

その田畑の脇に無花果を植えている箇所が点在。

この季節ならではの楽しみはまだ青いイチジクの実から漂う甘ったるさと

爽やかさを兼ね備えたおいしい風を味わえることです。

この独特の香りが「本気で蒸し暑い夏がやってきたなと」実感させられます。

生でもドライでも、イチジクは私の大好きな果物。

見た目も食感も由来も歴史も国も育まれた食文化も、何もかもが謎だらけ。

近畿は和歌山から南~北河内まで名産地だと、

それたしかイチジクが大好きだった祖母が言ってなとか、折しもお盆。

イチジクの蘊蓄、祖母の話以上はtoo much。

 

無花果好きが高じて家には1本苗木を植えています。

苗木屋のおじさんからは「来年には実がなるよ、たぶん」と言われ…………

 

あれから10年。

夏を無視するかのように玄関の前でシレっと涼しげに葉だけを広げていました。

 

 

アンタはそれでエエ。

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

広告代理店の営業マンと並行して雑誌広告やTV-CMのアートディレクター、プランナー、コピーライター、カメラマンなどを経験。 写真は緑川洋一氏に約2年ほどお教えを乞う。言葉とビジュアルの表現ロジックに埋もれる。 今は新しい可能性を求め新たな門をくぐる。