BLOG
ブログ

2019/07/10
銀座 篝 へ行ってきました

記事作成日:2019/07/10

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

先日は、子育てから離れ、久しぶりにカミさんと二人で梅田へ行ってきました。

お目当ては、「銀座 篝(かがり)」のラーメン。

ここのシグネチャーラーメンは、「鶏白湯SOBA」。 (今気づきましたが、決してラーメンって呼んでいないんですね。)

濃厚な鶏白湯スープが評判で、まるで、ポタージュスープの様だとの事。こちらは間違いなく注文の選択肢に入りましたが、もう一つは悩みました。。

悩んだ果てに、「蛤と牡蠣 汐SOBA」を選択。

 

まず、「鶏白湯SOBA」のレビューから。

こちらは、評判通り、ポタージュスープのようなのど越しのスープ。

味も濃厚で、所謂、鶏白湯ですが、味の深みが他店とは圧倒的に異なります。

まるで、具材のクオリティも高く、主張しすぎずかつ繊細という表現が合うと思います。

 

 

続いて、「蛤と牡蠣 汐SOBA」。

こちらは、高級割烹が作った出汁という表現が一番しっくりくるように思います。

蛤と牡蠣のエキスがめっちゃ出ていて、スープを飲んだ瞬間「うーんこれは、高い!」という言葉が出そうになります。

それよりも何よりも、こんな繊細で和食感満載の”ええ出汁”をラーメンに使ってしまってよいのか?というような感想を持ってしまいます。

 

一言でまとめてしまいますが、2つとも、めちゃめちゃ美味しかったです。

こちらのお店、いつも行列ができてしまいますので、行かれる場合は、開店と同時の11:00頃が良いと思います。

それでも少し並びますが、12:00だと、めちゃ並ぶと思います。

それでは、Enjoy Your Noodle!

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!