BLOG
ブログ

2019/06/10
芒種

記事作成日:2019/06/10

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

先週の日曜日、京都へ行った時のこと。

足掛け17年、ついに四つ葉を発見。

「四つ葉のクローバー号」に遭遇したのです。

ヤサカタクシーの全1400台のうち4台だけの「四つ葉」のマークがついたタクシー。

学生終了後も京都へ頻繁に赴いていたものの、まったくお目にかかれませんでした。

その確率は1/350。

「見つけると良いことあるよ」みたいな都市伝説を聞いたことあったよな?

なんて自分にゲンを担がせてみる。

気分が高揚した僕は湿っぽい汗がしたたり落ちてるのも忘れ、

ただただありがたい気持ちで過ぎ去るのを見守っていました。

 

同時に条件反射なのか、エルビス・コステロの1stアルバムが脳内再生。

というのも、このアルバムのバックバンドはアトラクションズではなく

アメリカの「クローバー」というバンドだったなと…。

ふられた男の未練をジットリひねくれさせた美しい曲「アリソン」。

湿っぽさは京都にいるせいか、四つ葉のせいか、アリソンのせいか。

芒種。すくなくとも梅雨がもう、

すぐそこなのには間違いないということを古都の街並みから感じました。

 

 

追記

さきほどドクタージョンの訃報訊き、こんどは涙腺が湿っぽくなりました。合掌。

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

広告代理店の営業マンと並行して雑誌広告やTV-CMのアートディレクター、プランナー、コピーライター、カメラマンなどを経験。 写真は緑川洋一氏に約2年ほどお教えを乞う。言葉とビジュアルの表現ロジックに埋もれる。 今は新しい可能性を求め新たな門をくぐる。