映像 動画制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2019/02/06
洋服染色延命士

記事作成日:2019/02/06

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

私は洋服の流行に敏感でもなく気に入った服をできるだけ長く着続けたいので、穴が開いたら裁縫します。

もし色が褪せたら?

もちろん染めます。だから洋服を買う時もなんとなく染めやすそうな色や柄を選びます。

「ダイロン」。ご存知の方も多いかと思いますが衣料染色剤の代表的な染料です。

むかしはカセットコンロの上に一斗缶を置き、ダイロン&お湯でグツグツ煮込んでいましたが、

最近のダイロンは80℃のお湯に浸けとくだけでいいのでラクで重宝します。

先週の土曜、お気に入りの黒のロングコートとカーディガン、ズボンなど(全部黒!)を

より黒く染めなおしました。

ダイロンも決して安くはないのですが、お気に入りの服がまたパリッとした表情で

息を吹き返してくれるとますます愛おしくなります。

大切な服が傷んだら裁縫とダイロンなどで延命させるのもおもしろいですよ。

 

 

 

 

 

記事を書いた人
菅井 順一

菅井 順一

広告代理店の営業マンと並行して雑誌広告やTV-CMのアートディレクター、プランナー、コピーライター、カメラマンなどを経験。 写真は緑川洋一氏に約2年ほどお教えを乞う。言葉とビジュアルの表現ロジックに埋もれる。 今は新しい可能性を求め新たな門をくぐる。