映像 動画制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2018/06/21
地震

記事作成日:2018/06/21

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

6月18日(月)午前7時58分頃、大阪府北部で震度6弱の地震が発生しました。
被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。
 
東日本大震災、熊本地震では、大きな地震の後に1日~2日後に本震が来ていました。
今回の北大阪での地震において、同様の事が起こって欲しくはありませんが、まず一週間はみなさま十分に警戒なさってください。
 
弊社は、テレビ・ラジオで報道のお仕事をお手伝いさせていただいておりますが、こういった災害時こそ、スタッフ一同全力をあげて、生活者のみなさまに少しでもお役に立てるように情報を発信する努力をいたしております。
引き続き気を引き締め、万が一に備え万全な体制を整えて務めさせていただきます。
 
さて、私はといいいますと、お恥ずかしいながら、急遽震災に備え、カップラーメンやら、水やら10日分は持つ程度を買い込みました。
普段から「災害に備えて備蓄しましょう」という事は言われていますが、「今はええやろ」という気持ちでこれまで過ごしてきました。
しかしながら、改めて防災に努める事はとても重要な事だと思いました。
 
本当に地震が起こったときは驚きました。私の住んでいるマンションはとても揺れました。
まず初めに行った事は、自分の子供の元へ駆けつけ、揺れが収まるまで自分が覆いかぶさる格好で庇うという事でした。
1歳の自分の子供は地震が起こった時は、(いつも遊んでいる)ランドリーバスケットを両手で持って呆然と立ち尽くしていました。
何が起こったか全くわかっていないのですね。そりゃ、当たり前なんですが。
それにしても、無意識に自分の身よりも子供の事を心配をするなんて、当たり前の行動なんでしょうが、私も父になったのだなと、しばらくたってから思いました。
 
このまま、今後、何事もなければ良いなと切に願います。
みなさまも十分に警戒し、万が一に備え、いざという時は、ご自身の命を守るという事に努めてください。

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!