映像 動画制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2017/08/01
冒険が始まった「ドラクエXI」ゲット!

記事作成日:2017/08/01

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

この日をどれだけ待っただろうか。。
昨年、2017年にドラゴンクエストXIが発売されるというニュースが出てから私は本当に7月29日をとても楽しみにしていました。
発売されるハードは、プレステ4版と、DS版の2つ。もし私が、小学生なら、迷わずプレステ4版を選ぶのでしょうが、社会人になってしまった私は、手軽に隙間時間でできる環境が必要なので、DS版を手に入れました。
 
それにしても、今回、ドラクエXIでプロモーション用に作られた映像がいくつかありました。
 
その中でも、私の心にめちゃくちゃ刺さったのが以下の動画。。
私世代の心を鷲掴みにしてしまう事、間違いないですよ、この映像は!

 
思えば、ドラクエIと出会ったのが、当時小学1年生でした。
近所の小学4年生のお兄さんが、プレイしてるのを見て非常に興味を持ったのを覚えています。
 
しかし、当時小学1年生の私には、ロールプレイングゲームのプレイの仕方なんて全く分かりません。
なんせ、ゲームといったら、「スーパーマリオ」でアクションゲームが最高に楽しい時代。
 
フィールドに出てくる、モンスターをひたすら倒すという作業しかできなかった私は、このゲームの面白さを理解するまで4年という歳月がかかりました。
 
そう、1979年生まれの世の中の子供はドラクエIIIでロープレにハマる経験を一度しているものなのですが、IIIではイマイチ興味を持てていなかったので買わず。
そして小学4年生の時に発売された「ドラクエIV」はなぜか買って、『人生で初めてまともにプレイ(最後までクリア)したロープレ』となりました。
ここからドラクエシリーズは、全部クリアしていく事となりました。
 
 
さらに、ドラクエは私の人生に大きな影響を与えるゲームにもなっています。
 
実は、自分の嫁さんとの距離をグッと近づけてくれたのも「ドラクエ」でした。しかも、DS版の「ドラクエIV」。
たまたま、その当時、持ち歩いてプレイしていたのですが、嫁さんも大のドラクエファンで、私がプレイしていたのを、ちょっと代わったのが会話を弾ませるきっかけとなりました。
今でも覚えています、嫁さんは、エスタークを倒す戦闘で、パーティにいたライアンを死なせてしまったのを。
 
なんにせよ、ドラクエほどのゲームともなると、沢山の人の人生に大きな影響を与えているのではないでしょうか。
 
社会人になった今、しかも子供ができた今では、プレイする時間を捻出するのは、かなり難しいですが、ちょっとずつでもドラクエの世界を楽しみたいと思います。
 

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!