一緒に考える、あなたのブランド戦略。映像・音・WEB|シードアシスト

BLOG
ブログ

2017/02/24
SHORT FILM

記事作成日:2017/02/24

記事を書いた人
亀川 真奈美

亀川 真奈美

 
 
年度末、どこもかしこも繁盛記ですね。
 
 
 
dtvからしょっちゅうスマホに通知が来るのですがなかなか見る時間も無くクリップ保存が溜まっています。
 
 
Screenshot_20170223-124930
 
 
単純に繰り返し見たいだけのものとかスマホで手軽に見たいだけのものも結構あるにはあるんですが…スクショは一例なのでもっとあるんです…無念…。
 
 
ウォーキングデッドもシーズン7が現在放送中ですが、7の浜辺の村あたりからぜんっぜん見られていません…リックがルシールでニーガンをグレンと同じ目にあわせてやったぜ!とか聞いたら諸手を挙げて見に行くんですがね。
 
 
 
 
ちなみにdtvで少し前に見た中ではウォームボディーズが死ぬほどオススメなので、こちらゾンビ映画ではありますが本格恋愛映画でホラー系統苦手な方でも見やすくグロテスク表現もほぼ無く、胸が暖かくなるタイプの映画です。
huluなどにもありますので映画配信サービス系のものに登録している方はぜひ。
 
 
 
今もまだ配信されているか確認はしていないですが、前にdtvで見たサプライズとかも面白かったですね。
 
「サプライズ」のあらすじとしては、
大家族が一家団欒を楽しんでいると突如動物マスク(かわいい)の殺人鬼集団が!
→パニックに陥る大家族
→しかし主人公のエリンちゃんだけは冷静にその場を対処し、殺人鬼グループの一人をボコって撃退・殺人トラップも作っちゃう
→大家族「どうしてそんなに強いの!?」エリン「サバイバル・キャンプの出身なのよ!!
 
 
 
サバイバルキャンプすげえ!!!!!!!
 
 
 
 
 
話が逸れましたね。(個人的にはスマイリーとMAMAの配信を切実に希望しています。)
 
 
でですね、上記ラインナップは全てホラー映画なのでお察しかもしれませんが、私は一番多い時で月に50本ほど日常的にホラー映画を観るので、暫く空いているとめちゃくちゃホラー映画見たいな~っていう気分になるのが周期的に来るんですが、ええ、ホラー映画が好きとかではなくホラー映画見るのは私にとっては呼吸なので、そういう時にお世話になるのがショートフィルムです。
 
せっかくなので、最近見て良かったものを紹介したく!
 
 
 
 
 
まず1本目
「Play Dead (2011)」です。

 
このムービーのコンセプトは
「ゾンビパンデミックが起こった世界での犬たち」です。
 
ゾンビ映画とかでなにかと登場する犬。
 
時に仲間を助けたり、時に吠え声でゾンビを呼び寄せたりするあの犬です。
(大抵ゾンビ映画では助けた犬を気に入ってお世話していた女の子が犬を助けようとして死ぬ。(が、犬は上手く逃げて行く)
 
その犬の部分に焦点をあてた映画です。
 
ゾンビ映画では基本動物は捕食対象にみなされないんですよね。
動物食べるタイプのゾンビと動物食べないゾンビで結構分かれるので分類するのも面白いですが、このムービーではどちらのゾンビかは…見ていただければ分かるかと。
 
 
で、このムービーのどこが良いかって通常のゾンビ映画でのあるあるを犬の視点で、あるいは犬に置き換えて表現されています。
 
そしてショートフィルム基準ではゾンビの質も良い、数もまあ多いのでお金かけてるな感があります。
しっかり作りこまれているので個人のショートフィルム等にありがちなチープさが薄いです。
 
あと犬の視点なので、字幕などが無くても話がちゃんと分かるんですね。
一部人の会話などもありますが、おおむね聞き取れる程度かと…会話が分からなくても内容には影響ないので、海外ショートフィルムの中ではかなり見やすい作品です。
 
ストーリー軸も一応ちゃんとあって、なるほどそういう展開でくるか~あるあるだよねわかる~分かり哲也~と思えるところもちらほら。
 
個人的にはかなり面白いショートフィルムでした。
 
 
 


 
 
 
2本目
「Alexia」

 
SNSでのホラー演出、
そこはかとなく映画の「アンフレンデッド/Unfriended」あたりを彷彿とさせます。
 
こちらも会話が少なく分かりやすい。
聞き取りができなくてもメッセージが画面に表示されますので、読み取り出来るので良いですね。
 
ホラーとしての話の筋や演出も基本を抑えてきっちり王道なホラーを見せてくれます。
特殊メイクの感じもなかなか良いんじゃないでしょうか。
ラストの眼球の動き、嫌いじゃないですね。
 
 
 


 
 
 
3本目は
映画「ライト/オフ」の原案である「Lights Out」

 
 
電気を消したら現れる謎の影。
こちらはまあ映画の原案ということでショートフィルムでは有名どころなのでせっかくですしご紹介。
 
この手の表現はライトに限らず、写真を撮ると現れる人物が近づいて来る…とか色々ありますね。
駄目だと思いつつ試してしまう探究心。人間の心理でしょうか。
 
ラストのオチはアレですね。
電気が付いてる限りは安全なのかと思わせつつ…
 
 
お前電気付いてる中でも平気やないかーーーーーい!!!
 
 
ってね。そんな感じで。
かわいいパッチリおめめでアンタまったく思わせぶりな態度が得意だなぁなんてね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところで13日の金曜日リブート版が延期を繰り返して焦らした挙句に撮影直前に製作中止となったらしく……
 
 
ddc58e24
 

記事を書いた人
亀川 真奈美

亀川 真奈美

元パチンコ・スロットなどの遊技機映像クリエイター、エフェクトの多用・派手・男性的な映像等が得意です。
大変オタク気質ですのでサブカルな話題・ご依頼は何でも振って下さい。