一緒に考える、あなたのブランド戦略。映像・音・WEB|シードアシスト

BLOG
ブログ

2016/10/27
ウォーキング・デッド

記事作成日:2016/10/27

記事を書いた人
亀川 真奈美

亀川 真奈美

 
先週の土日から見始めて、現在シーズン3の途中ですが、
予想通りやはりめちゃくちゃ面白いです。
 
周りから勧められたりもして
もう数年前からずっと見たかったんですが、なかなか時間もなくきっかけもなく…
もっと早く見ていれば良かったなと思いつつ…
 
何が良いかって言うと容赦がない。
 
 
ウォーキング・デッドは映画でなくドラマなのですが、
ドラマでありながらゾンビの質も良く人数も結構多くそれもとても良いんですけれど、
なによりもストーリーの容赦のなさが良い。
 
メインキャラでもどんどん死んでいきます。
 
大概優遇される子供のメインキャラとかも普通にゾンビになるし死にます。
主人公の親友は愛憎劇の果てに主人公に殺されてしまうし、主人公の妻も死にます。
まだシーズン3だというのに…
 
 
安易にみんな助かってハッピー!ではなく現実感があり、
ストーリーがしっかりあって人間ドラマをきっちり描いてくれて、
最近のゾンビにありがちなめちゃくちゃ動きが早いとかアクションゾンビでないところも、
腕を引っ張ったりするともげてしまうなどの腐敗肉感も好感が持て、
全体的な画面の古暗さも雰囲気が出ていて続きを見るのが止まらないという、なんかもう、好き。
 
 
ちなみに私はグレンと主人公の息子であるカールが好きです。
メルルとダリルも好きです。
 
 
 
ごめんなさいうそ…ほんとはみんな好き…。
 
 
みんな好きなのにばったばった死んじゃうわけです、悲しい。
悲しみしかない悲しい世界。
 
だが、それがいい。
 
 
 
 
 
 
 
そういえば先日USJにホラー好きの友人たちと行きまして、
偶然にも最前列でゾンビフラッシュモブを撮れましたので
動画をお裾分け致します。
 
 


 
 
 
毎年ホラークラスタな友人複数と行ってますがこの時期のUSJは最高ですね!!
友人はつけているとゾンビが寄ってくる心臓モチーフのアクセサリーを付けていましたが、
副産物的に一緒に居た私たちにもゾンビが寄ってきて興奮しました。
 
毎年それぞれの推しゾンビがいたりして皆で語り合うのですが、私の今年の推しは感染者の交通規制ゲート付近で見かけたスキンヘッドのイケメンなゾンビと、ベランダから出られずにクマのぬいぐるみを抱いてうろうろしていた笑顔の可愛い少女のゾンビでした。
 
 
ホラーアトラクも1回で全部はとても回れないので、
ハロウィン時期の為だけにでも年間パスポートが欲しいところです。
 
 
 
できればUSJの年パス買ってくれる石油王と結婚したい。
 
 
 
石切神社でおみくじ引いたら大吉だったので石油王との結婚も空から5億円が降ってくるのも夢じゃない。
 
 
持とうぜ希望 掴もうぜ明るい未来
俺は一生ゴロゴロして過ごすぜ
約40年早い年金生活
将来設計お粗末
楽天的に生きるのも良いぜOK チェケラッ
 
 

記事を書いた人
亀川 真奈美

亀川 真奈美

元パチンコ・スロットなどの遊技機映像クリエイター、エフェクトの多用・派手・男性的な映像等が得意です。
大変オタク気質ですのでサブカルな話題・ご依頼は何でも振って下さい。