映像 動画制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2016/09/21
DDTプロレス 大阪ベイブルーススペシャル2016

記事作成日:2016/09/21

記事を書いた人
木村 莉菜

木村 莉菜

先日、映像グループの多くのメンバーで、DDTプロレスを観戦させて頂きました!
私は、人生初のプロレス生観戦でした。
右も左もわからぬ私は、
9月18日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第二競技場へ
 
 
結果、とても面白かったです!
どこが面白くて、魅力的だったかを簡単にまとめたいと思います。
 
img_8962
 
<私的>DDTプロレスの見どころ
 
1.入場が面白い!
選手は左右から入場するんですが、私の席から入場口が近く、客席と同じ目線から選手が出てきます。
MCさんの盛り上げもあって、入場にまずわくわくします。
選手によってのコール&レスポンスがあって、終盤には私も他の観客の方と一緒にコール&レスポンスを合わせることができました(笑)
生の醍醐味かと思われます。楽しい!
 
2.紙テープが凄い!
選手の入場に合わせ、選手の名前が呼ばれる瞬間に「選手カラーの紙テープ」をファンが投げる
選手がリング上で、この紙テープを浴びる瞬間はとっても綺麗です。
紙テープを投げるファンの一瞬の緊張感も魅力的です。
試合前の選手とファンの交流が垣間見れます。これは、どっぷりつかると私も紙テープを買いこまないといけないでしょう。
 
3.なんといっても、試合
試合には、本当にびっくりしました。。。生の迫力というのでしょうか。いままで、プロレスはなんとなーくテレビでやっているのを、ぼんやりと見た程度の記憶しかなく。。。それが、目の前の選手が宙に浮いたり、すごい音がしたり、、、
自分の身体能力は、自分が一番わかっています。
私にはできない。なんだ。この人たちの身体能力は!!!?
なんど、投げられたり、ぶつかられたりしても、立ち上がってくる。
すごいものを見てしまったと思いました。
新しい世界を見た気分でいっぱいでした。
これは生でないと味わえません。知らないなんてもったいない!是非、生の観戦をお勧めします。
お客さんの声援?というか、選手の名前を呼ぶのもすごく新鮮でした。
あと客席にまで選手の試合があんな風におよぶとは知りませんでした。。。!
 
 
4.ファンサービス豊富な選手たち
試合途中に休憩があるのを知らず、途中でトイレに行ってしまった私でしたが、
席に戻ると休憩になっていました。(試合結果を見逃してしまった・・・)
休憩中の席に戻ると、先ほどまでリングに上がっていた選手がそこかしこに居て
ファンと写真を撮ったり、しゃべったり、からんだり、していました!
こんなにファンとの距離が近いんだと実感。
これは、ファンにはたまりませんし、応援したくなります。
また、あの肉体の人は世間そこらにおりません。近くで見れるチャンスです(笑)
 
 
 
文字情報のみを長く書いてしました。
他にも魅力はたっぷりなんですが、このへんにしておきます。
1点追記するならば、今回写真を私はあまり撮影していませんが、
写真撮影はOK が基本のようです!
すごーくいいカメラを持ったファンの方たちがばしばし写真を撮影しておられました。
シャッターチャンスもたくさんあり、これは撮りがいがありそうです。
 
 
最後になりましたが、
12月4日(日)エディオンアリーナ大阪 第一競技場
http://www.ddtpro.com/osakaoctopus/
にて、DDTプロレスを見られるビックイベントがあります。
 
上のアドレスより、特設サイトがございます。
この機会に、プロレス生観戦はいかがでしょうか!?
 
 
 
 

記事を書いた人
木村 莉菜

木村 莉菜

映像制作を通して、お客様の「伝えたい」をアシストできるように日々心掛け、一緒に制作を楽しむことも大事しています。「伝えたい」ことを一緒に具現化してみませんか?