トゥーランドット

2018.07.02
オペラ、トゥーランドット

19世紀のイタリア人作曲家、プッチーニのオペラ

トゥーランドット」を観てきました。

 

テノールのアリア「誰も寝てはならぬ」は

フィギュアスケートの荒川静香選手、宇野昌磨選手らが

演技で使われていたことでも有名です。

 

 

この「誰も寝てはならぬ」もさることながら、その他の楽曲も本当に素晴らしい作品でした。

アジアの民族音楽と印象派があわさったような豊かな和声、、

筆舌に尽くしがたいくらいよかったので、ぜひ聴いていただきたいです。

 

 

 

第1幕の曲目は特に好きです。

 

オペラ全幕観るのはちょっと…という方は、

劇中のおいしい楽曲をピックアップしたコンサートなんかもあるので、ぜひ。

私が書きました

鶴澤茉莉江