Settenn

2015.12.25
Settenn、交流会、巻誠一郎

先日、私が加入している「Settenn」という会の忘年会に参加してきました。

Settennは全国の経営者を繋いでいく会で、その繋がれた接点から、新しいビジネスを起こしていこうという会です。

当日は、170人もの経営者が参加し、写真の様に大所帯での大交流会でした。

こういった交流会に参加すると、本当に様々な刺激を受けます。業種も経営されている会社の規模も様々ですが、共通している事は、参加者のみなさんが「ポジティブである事」、「何か面白いことをしたいと思っている事」ですね。

私たちにとっても、これらは常に「クリエイティブなマインドを持つため」のベースになる事です。

そういったマインドがなければ、提案にも「ワクワク感」が出ないですし、実際にお打合せ等でお話させていただいても、「ほんまに大丈夫?」という事になってしまします。

常に、ポジティブでいる為にこういった交流会は刺激になります。

意外かもしれませんが、クリエイティブな作業は結構ウチにこもってひねり出すという事が多いです。そうしていくと、自分の中で、「ウチにある環境での考え方」がすべてになってしまいがちになります。

そういった意味でも、無理にでも自分自身を外部の環境に飛び込み、刺激を受け、新たな考え方をインプットする事はとても大事な機会になります。

170人も『番長』がいると、とっても個性的ですけどね。司会の言う事をなかなか聞かないですから。(笑)

 

ゲストには、お笑い芸人の「プラスマイナス」の岩橋さん、そして、「吉田たち」が駆けつけてくれ小話や漫才を披露してくれました。

IMG_5041IMG_5042

元サッカー日本代表の「巻 誠一郎選手」は、実は選手をやりながらも企業家として、一般社団法人「日本スポーツ団体熱中症対策推進会」の理事もなさっておられ、ゲスト参加でお越しになられました。

IMG_5045

 

 

2015年の締めくくりに、様々な凄い人たちに刺激を受けながら、個人としても会社としてもクライアントの皆様に貢献できるように、まだまだ上を目指していかなければと改めて感じた夜でした。

 

 

 

私が書きました

片山 光祐