一緒に考える、あなたのブランド戦略。映像・音・WEB|シードアシスト

BLOG
ブログ

2016/05/26
WEBトップに動画

記事作成日:2016/05/26

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

昨年から、自社サイトのメインビジュアルに動画をはめ込むという事が急激に増えてきつつあります。
メインビジュアルとは、WEBサイトの「顔」です。
おさらいですが、Webサイトにおけるメインビジュアルとは、「トップページにある大きなビジュアル領域」を指します。
そしてメインビジュアルの目的は「何をしているサイトなのかを視覚的に伝える」ものです。
大きく目的としては、「サービス内容を伝える」、「最新の情報やトレンドを伝える」、「ブランドイメージを伝える」という事があります。
 
WEBサイトを閲覧した際に一番最初に目にするため、直帰率に大きな影響を与える非常に重要なコンテンツです。
これまでは、スライドショー形式のメインビジュアルを起用している企業が多かったのですが、2枚目以降のスライドのクリック率が非常に低かったことから、採用するケースが減りつつあります。
 
そこで、最近注目されている手法が、メインビジュアルに動画を察知するケースです。
当社のHPも、動画を採用していますが、動画設置のメリットは、やはり「印象に残りやすい」、「ブランドイメージを伝えやすい」という点が大きなポイントです。
動画は静止画と比較すると「時間軸」があるので、「ファーストビューで瞬時に分かる情報伝達」を行う事は難しいですが、ファーストビューで情報を最大限に伝えることが可能です。映像は、文字と比較し、5000倍の伝達力があると言われています。
カフェなど雰囲気を重視したり、新しいことに挑戦しているけどなかなか言葉では伝わら無い事業を展開しておられる会社には取り上げられているケースが多いですね。
ぜひ、貴社のサイトにも動画設置を検討してみてはいかがですか?

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!