一緒に考える、あなたのブランド戦略。映像・音・WEB|シードアシスト

BLOG
ブログ

2016/04/11
Oliver Gal (オリバーガル)でインテリアがお洒落!

記事作成日:2016/04/11

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

最近、よくデパートなどでよく見る、Oliver Gal(オリバーガル)の絵画。
高級ブランドのロゴや商品をモチーフにした絵画で有名です。
大丸心斎橋店の一階や、近鉄百貨店(ハルカス)などのデパートを中心に出店しているのですが、個性的な作風なのでとても目につきます。 いつも、たくさんの女性客で溢れていて、特にトレンド感度の高い女性には、人気なようですね。
 
今住んでいるマンションに引っ越してきてから、何か絵を飾りたいと思って数年が経過しているのですが、ようやく、お洒落なもので、手が届きそうな絵が出てきたな!という感じで、数カ月考えた結果、購入しました。
絵を気に入ったので作者の事は、よくわからずに買ったのですが、姉妹であるLola Sánchez と Ana Gal を中心とした著名なアーティスト達で立ち上げられたアートブランドなんですね。どうやら、アメリカのドラマ「ゴシップガール」で取り上げられたのがきかっかけで一気に有名になったようです。
なにはともあれ、ようやくこれで、我が家もお洒落な雰囲気が漂ってきた気がします。
 
それで、さっそく、自分のInstagramにアップしてみました。
#(ハッシュタグ)には、もちろん Oliver Gal と入れて。
 
すると、作者である、Lolaさんご本人から、「いいね!」と「フォロー」が来たじゃないですか! 「うれしい」と同時に「さすがやな~」と思いました。
何がって、これぞ、ブランディング。ブランディングとは、いわば「ファン創り」。 単純な事ですけど、本人から直接「いいね!」されると、「うれしい」という感情が湧きあがると同時に「ファン」になり、「エバンジェリスト(伝道者)」になってしまいます。
ここから、また、全く新しいクチコミが広がって行くんですよね。
 
SNSを積極的に使ったプロモーションとは、こういう事なんですね。
日本では、まだまだ一部の大手企業でしかSNSを積極的に活用したブランディングが実施させていませんが、こんなコストもかからず、簡単に行える施策こそ、中小企業は積極的に実施していく事が有効ですよね。
いやー、「勉強になります。」と肌で感じました。

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!