一緒に考える、あなたのブランド戦略。映像・音・WEB|シードアシスト

BLOG
ブログ

2016/02/01
トイプードルとの生活が活力

記事作成日:2016/02/01

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私ごとですが、昨年11月にトイプードルを飼いはじめました。
 
幼少の頃にも犬は飼っていたのですが、大人になってから、しかも自分でペットを購入するという事は初めてで色々ドキドキします。
 
幼少の頃は、シェットランド・シープドッグ(中型犬)、ラブラドールレトリバー(大型犬)と飼っていました。いつも屋外で生活させていましたので、今回は小型犬を室内で飼うので、犬を飼っていたという経験はあるものの、色々初めてな事が多く、とっても新鮮です。
 
ちなみに、うちの犬の名前は「LEON」です。なぜ、LEONなのかは、理由は特にありません。(笑)
 
ペットを飼うという事のありがたみを、この歳になって痛感する事が多々あります。まずは、ペットの「癒し効果」。どんなに仕事の事で悩んでいても、家に帰って、LEONの顔を見ると一気に吹っ飛びます。
こんな話、よくペットを飼っている人から聞いていましたが、「ほんまかいな」と思っていたのが正直なところです。でも、これは「ほんま」です。
 
2つ目は、「生活リズムが良くなる」。ちょっと前、早朝に起きてウォーキングをしたりしていましたが、半年でやめてしまいました。ところが、犬を飼いだすと、「犬の為に散歩」に行かなくてはならなくなり、必然的に早起きしてウォーキングしなくてはならなくなります。
 
3つ目は、空き時間はひたすらビジネス書だった私ですが、気が付けば、「空き時間はペットの事をネットサーフィン」。オン・オフの切り替えができるようになりました。毎日のめり込める趣味ができたといっても過言ではありません。
 
「ペットは偉大だなあ」と思うこのごろです。

記事を書いた人
片山 光祐

片山 光祐

私は、フジテレビのニューヨーク支局で「めざましテレビ」のディレクターとしてキャリアをスタートさせました。帰国後は、朝日放送で「ムーブ!」のディレクターを経験。
その後、関西学院大学で経営学を学び、映像をマーケティングのソリューションとして活用できないものかと考え、映像事業を立ち上げました。映像の可能性をさらに広げるため、また、WEBという市場にイノベーションを起こすべく弊社独自の仕組みを構築しWEB事業も立ち上げました。
みなさまのブランディング・マーケティング課題に少しでもお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります!