映像制作・音声制作・WEB制作なら大阪のシードアシスト

BLOG
ブログ

2021/09/29
デザインやブランディングの参考になる有名なダイヤグラム|ハリー・ベックのロンドン地下鉄路線図

記事作成日:2021/09/29

記事を書いた人
KOMAi

KOMAi

電子回路

 

 

 

この地下鉄路線図は1931年に、ロンドン交通局の電子回路の製図技師であったハリー・ベックによって制作されました。
ベック氏はそれまでの実際の地理に基づいて制作された複雑で込み入った路線図を大胆に変更しました。
彼は路線図を利用するユーザーが駅を乗り換えするのに必要なのは、駅同士の位置的な相関関係および接続関係だと考えました。
それは実際の地理的な正確さよりも優先されるものでした。
具体的には、通常の駅と乗換駅を別々の記号にし、路線を水平・垂直45度の線で表現しました。
この規則性にそった整理法は、ハリー・ベックが電子回路の製図技師であった事と関係しているでしょう。
彼は、ユーザーインターフェースといった概念がなかった時代に、すぐれた洞察力でユーザーの利便性に貢献しました。
しかし、彼が受け取った報酬は現在の5ポンド程度です。ですが、1990年代に入り、彼の功績が見直されました。
現在は「この路線図は1931年、ハリー・ベックによって最初に考え出された」と記載されています。

 

エドワード・ジョンストン ロンドンの地下鉄 シンボルマーク

 

また、ロンドン市交通局は秀逸なシンボルマークを作りました。
世界で初めてのCIと言われています。
制作者はイギリスのタイポグラファー、エドワード・ジョンストンです。

ロンドン交通局のこの事例は、情報デザインやブランディングについて考える際にとても参考になります。

 


WEB制作のことでお困りの際は、一度弊社にご相談ください。
シードアシストのWEB制作について詳しく見る。

 

 

記事を書いた人
KOMAi

KOMAi