WEP PROMOTION

レスポンシブWEBデザイン

デスクトップPC、ノートPC,スマホ、タブレットなどWEBサイトを閲覧するユーザーの環境は多様です。
また、最近ではスマホの普及により、スマホの閲覧数が、パソコンの閲覧数の上回ってきています。
検索エンジンも、1ソースで各に最適な表示をするWEBサイトを推奨しておりますので、 もはやレスポンシブ対応はWEB制作において、必須と言えます。 レスポンシブWEBデザインとは、パソコン・スマホ・タブレットなど、様々な端末に対して、 最適な表示を行う技術の事で、それらの端末に最適な表示をさせる事によりユーザーの離脱を減らします。

レスポンシブ対応をしたWEB制作イメージ

Point1 1ソースだから、WEBサイトの更新のコストが少ない

パソコンとスマホのサイトを別々に制作した場合、更新には2サイト分(HTMLファイル2枚分)の更新が
必要になります。
ですが、レスポンシブ対応をしたWEB制作であれば1ソース(HTMLファイル1枚分)で、スマホ・タブレットなどの
各端末に最適な表示が行えます。
ファイル1枚分で済みますので、更新作業が半減でき、運用面でも作業が短縮できて楽になります。
レスポンシブ対応をしたWEB制作で1ソース(HMTLファイル1枚分)でパソコン・タブレット・スマホと各端末に対応

Point2 モバイルフレンドリーになり、SEOに有効

Googleはサイトの構築手法の1つとしてレスポンシブ対応のWEBサイトを推奨しており、端末ごとの表示が最適化されているサイトを検索上位に表示します。
レスポンシブ対応をしていないサイトをスマホでも見ると、文字や画像は当然小さく、ユーザーは見る気がなくなり、離脱の原因につながる可能性があります。
SEO対策だけでなく、こうした離脱の可能性も防ぐ事で、WEBサイトの滞在時間も改善され、結果的にコンバージョンにつながる事も考えられます。
Googleはサイトの構築手法の1つとしてレスポンシブWEBデザインを推奨イメージ
ご相談・お問い合せはこちら