ADVERTISING MEDIA

ラジオCM

ラジオCMパックプラン

特定ターゲットへ向けて、高い刷り込み効果を発揮する
地域に密着した地域性の強いメディア広告

ラジオCMの特長は、テレビCMに比べて「狭く深い」広告媒体です。
ラジオは「音だけで情報を伝える」ため、リスナーの想像力を喚起させる力が強く、習慣的に特定の曜日・時間帯に同じ番組をずっと聴いているリスナーが多くいます。そのためラジオCMは狙ったターゲットに絞って届けやすい・同じ人に繰り返し同じCMを刷り込みしやすい、といった特性を持っています。

  • 地域性の高いプロモーションを検討している
  • 社名やサービスを覚えてもらいたい
  • キャンペーンや新商品・新サービスの告知
ラジオCM制作料金 + 放送料金(3ヶ月契約より)
関西エリアのラジオ局との太いネットワークを活かした提案にもご期待ください!
250,000~/月
※税抜価格
ご相談・お問い合せはこちら
コミュニケーションデザイン

ラジオは、聴取の習慣性が非常に高いメディアなので、リスナーは毎日同じ時間帯や番組を聴く傾向にあり、継続的なすりこみ効果が期待できます。そういった特性を活かしたラジオCMならではの表現と、出稿プランを目標設定に合わせご提案させていただきます。

ラジオCMの優位性
  • 地域密着性・人口動態
  • ライフスタイルによるセグメンテーション
  • 長期聴取によるブランディング効果

最近では、ラジオ局主催のイベントと連動したプロモーション展開が マスメディア&リアルで効果UP!!と注目されています。

  • ラジオCMの特長

    ラジオは習慣メディアです。何かをしながら聴く「ながらリスナー」も多く、ザッピングが少ないのでCMの繰り返しによる潜在的な訴求効果が期待できます。リスナーとの距離が近く、地域密着型のプロモーションが可能です。購入直前に耳にすることで購入への効果も期待できます。

  • ラジオCMの種類

    ラジオCMには「スポットCM」「タイムCM」「生CM」があります。スポットCMは流す本数・時間帯などの放送パターンを選ぶことができます。タイムCMは番組全体やコーナー、時報、ニュース、交通・気象情報などの枠に設定され、提供クレジットとともに放送されます。生CMは番組内でパーソナリティーがCM原稿を読み上げます。

  • 料金の仕組み

    ラジオCMの放送料金は、テレビCMに比べると安価です。放送局により設定は異なりますが、スポットCMの価格は出稿時期、使用ゾーンなどにより変動します。タイムCM(番組提供)は基本的に電波料と番組制作費のセット料金になります。生CMは読み手によって料金設定が異なります。