映像制作・音声制作 | 放送業界をトータルにサポートする企業 - 株式会社シードアシスト SeedAssist -

作成中

報道スタッフ
濱田さん

スタッフの声 | シードアシストでお仕事を紹介いたしましたスタッフさんにお話をうかがいました。

わかりやすいニュースを作るのは難しい。そのため日々、努力。

報道スタッフ  濱田さん

<このお仕事に就くきっかけ>

大学卒業後、新聞社に入社し記者をしていましたので、報道に携わる仕事をまたやりたいという強い気持ちがありました。そんな時、シードアシストがラジオのニュースデスクを募集していることを知り、何としてもこの仕事に就きたいと思いました。

 

<現在のお仕事>

ニュースデスクとして定時ニュース、スポーツニュースなどの原稿を作成しています。

 

―― 新聞との違いは?

リスナーの方、あるいは読者の方にニュースや情報を届けることにやりがいを感じるという点においては同じです。ただ、新聞が1日2回の発行なのに対し、ラジオニュースはほぼ1時間に1回あります。ライブ感のある最新情報、今起こっていることをリアルタイムでリスナーに届けることができるというのがラジオのメリットです。

―― 苦労していることは?

ラジオはニュースをコンパクトにまとめてお伝えしています。あまりニュースに関心がない方にもわかりやすいと感じてもらえるよう工夫しています。一方でわかりやすくすることは難しいことです。自分自身がそのニュースを深く理解していなければならないからです。そのため日々、知識、見識を深めるよう努力しています。

―― 将来の夢は?

できることを増やす、具体的にはテレビの仕事にもチャレンジしたいです。そして将来はニュース以外の情報、映画・エンタメに関する番組などを作ることができればと。それが夢です。

 

<これからこのお仕事を目指す方へのメッセージ>

世の中で起こっていることに興味がある方、様々なことを「知りたい」という方にはピッタリの仕事だと思います。早朝や深夜の勤務が多いですが、日々成長していける仕事です。

 

 

担当コーディネーターの声

コーディネーター / 柚山

「スタッフの声」でも分かると思いますが、濱田君は誠実そのものです。時にまじめすぎると思うこともありますが、この長所を活かし、さらにデスクとしての力をつけていってほしい考えています。そして本人が話している夢を実現できるよう、しっかりバックアップしていきます。

 

大阪・京都・奈良・神戸 | 映像制作・音声制作から人材派遣まで、放送業界をトータルにサポートする企業 - 株式会社シードアシスト SeedAssist