常時SSL化の必要性。2018年7月より警告表示!

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • WEB

常時SSL化の必要性。2018年7月より警告表示!

GoogleがHTTPで配信されているすべてのページに対して「保護されていない通信」のラベルを表示する事を発表しております。
こちらが導入されるのが、2018年7月にリリースされるChrome68です。

Chrome以外のブラウザではまだ実装されないそうですが、早めに対策しておいた方がよいでしょう。
当サイトも現在、SSL化の作業中です。

SSLとは

Secure Sockets Layerの略で、WEBサイトと閲覧ユーザーの通信を暗号化する仕組みのことです。
httpではなくhttpsから始まるURLのサイトを目にしたことはあるのではないでしょうか。
SSLを導入するとURLがhttpsに変更され、アドレスバーにも「保護された通信」と表示されます。
これにより、第三者による盗聴・改ざん・なりすまし等を回避できます。
仮に途中で傍受されたとしても、内容を解読することはできません。

 

2018年7月からの表示

上述しておりますが、2018年7月にリリースされるChrome68からはSSL化していないサイトでのアドレスバーに下記のような表示が入ります。

非常に見栄えが悪いですよね…。

これまでもGoogleはずっとSSL化を推奨してきていましたが、今回の件でより多くのサイトがSSL化していく流れになるでしょう。

 

各ブラウザのシェア率

今回の内容が実装されるのはChromeだけですが、参考までにデバイス毎の各ブラウザのシェア率上位5つを見ておきましょう。

■PC

 

■スマホ

 

※2018年4月分データ

【引用元】
※Market Share Reports|NetMarketShare
https://www.netmarketshare.com/

PC・スマホともにChromeがシェア率ナンバー1です。
このことからも、確実に対策すべきと言えるでしょう。

 

まとめ

もはや、SSL化しないという選択肢はないと言っても過言ではありません。
7月まではすでに2ヶ月を切っています。
まだやっていないという方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

//____________

SSL化のご相談は大阪のWEB制作会社シードアシスト

その他の最新コラムはこちら