防音をDIYする時代?

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 音声・楽曲

防音をDIYする時代?

家で歌いたい!収録がしたい!思う存分楽器をかき鳴らしたい!

心の声を叫びたい!そんな思いを持ちながらもマンションや一軒家など

近所への迷惑が気になってできないというジレンマから抜け出せない

そんな方は、一度見ていただければと思います。今回は「防音」について書きました。

防音について

防音=遮音(音を遮る)+吸音(音を吸収する)

遮音と吸音2つの効果が噛み合うことで、はじめて防音の効果を得られます。

では遮音と吸音のそれぞれの役割とは?

遮音とは

遮音の役割は、「音」を「遮る」という言葉そのままに音を遮断、つまり音を反射させます。(全てを跳ね返すことはできないので、多少音はすり抜けていきます・・・。)

反射された音は部屋中を飛び回り反響しますが、この時、吸音処置がなされていないと

音が部屋中を飛び回り、なんともいえない不快感を抱くことになります。

吸音とは

音のエネルギーを熱のエネルギーに、分解し分散させるものが一般的に吸音と呼ばれます。

吸収した音のエネルギーを小さくし、不快な反響音を減らすという室内音響の重要な役割を担っています。

 

しかし、一度や二度では音を吸収しきれません。それぞれの役割が大事です。

吸音し小さくした音のエネルギーを遮音し、反射。

それを繰り返すことによって、音のエネルギーがぐっと小さくなり、

音漏れを最小限に抑えてくれるようになるというわけです。※図参照

(完全に遮断することは相当難しいです。)

DIYされる防音室

DIYがよく話題に持ち上げられる今、防音室もDIYされる時代。

あれもこれもホームセンターで集めれば防音室を作ることができます。

(性能の良し悪しありますが。)

人によりますが、新聞紙や布団の中にあるウレタンなど身近なもので防音処置をしている人もいるようです。知識と応用でDIYできちゃうというわけですね。

今後の進化に注目

『http://www.danbocchi.com』画像引用

<だんぼっちグランデ>

数年前に一部の人々の興味をわかせた「だんぼっち」

周りの家に迷惑をかけないように

ダンボールで作った個室に防音を施すという荒技。

そんなアイデアから生まれただんぼっちが進化を遂げました。

その名もだんぼっちグランデ。防音効果の向上はもちろん、上下左右共に

大きくなり、立って歌うことや楽器を持って入り演奏することも想定して作られました。

家で収録したり、歌ったり、動画を気にせずスピーカーで再生したい!という人は

少なくないでしょう。

外寸は1,100×1,100×2,090mm、内寸は1,040×1,040×1,920mm。付属品として換気口(天井)、ケーブルを通すためのサービスホール、テーブルなどが付いている

https://internetcom.jp/202973/large-cardboard-soundproof-room』引用

インターネットコム株式会社 「これで外の音をシャットアウト―段ボールで作ったでっかい防音室「だんぼっちグランデ」」ライフナビメディア インターネットコム,2017年 (最終閲覧日:2017年7月21日)

 

 

上記のようなアイデア作品から、自作のものまで、

いろいろな防音設備が生み出されています。

防音は、音にこだわったことをするにはかならず必要となる欠かせないものです。

DIY精神の普及で防音も身近となり、一般的にも少しずつ普及してきています。

様々な手段、方法、物を使って最良の音響環境をDIYしてみては?

 

防音設備の整ったスタジオでの収録は、ぜひシードアシストを。

その他の最新コラムはこちら