Radi Pos? ラジポスって?

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 音声・楽曲

Radi Pos? ラジポスって?

2017年4月より、ラジオCMのオンライン運用が始まりました。

当面は従来のMOディスクによる搬入とオンライン搬入の2通りから選べますが、2018年3月にはMOディスクの生産が終了となる見込みですので、今後はオンライン運用が主流となってきます。

今回はそんなラジオCMオンライン送稿システム「Radi Pos」がテーマです。

Radi Pos(ラジポス)とは?

ラジオCMオンライン送稿システム「Radi Pos(ラジポス)」は、いままで局搬入用MOディスクを作成する際に行っていた「CMのWAVデータをBWF-Jフォーマットへ変換する」(BC$を打つ・チャンク情報を入力する)という作業から、BWF-J素材をラジオ局へ搬入完了(送稿)するところまでの全てがネット上で完結するシステムです。

今までは「WAVデータをBWF-Jフォーマットへ変換する」作業は専用ソフトや専用機器が無ければ出来なかったのですが、このRadi Posを利用することで、ネットに繋いだパソコンさえあれば作業が可能となりました。

※Radi Posの利用には事前登録が必要ですが、未登録の制作会社でも登録済みの広告代理店から該当案件限りの「招待」を受けて作業をすることも可能です。

 

オンライン搬入完了までのベーシックな流れとしては4ステップあります。

【STEP1】制作会社がCM音源をラジポスへアップロードする。(BWF-J化作業を含む)

【STEP2】制作扱い広告会社が検収する。

【STEP3】媒体扱い広告会社が搬入放送局を選択して搬入操作をする。

【STEP4】放送局が素材をダウンロードする。(搬入完了!)

 

次のステップを担当する会社へとRadi Pos上でバトン(作業)を引き継いでいくイメージです。【STEP2】と【STEP3】は同じ広告会社が担当する場合もあるかと思いますが、必要な作業内容に変わりはありません。

 

シードアシストでは、これらの作業のうち【STEP1】を承っております。今までの「ラジオCM素材をお預かりしてMOディスクを作成」と同様のステップとなります。Radi Pos上で素材登録をしたいけれど制作会社に「対応していないから」と断られた代理店さま、代理店から依頼があったけれどRadi Posってよくわからないから困っているという制作会社さま。【STEP1】の作業の代行につきましても、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

Radi Posへの素材登録ご依頼条件と制作料金について

【ご依頼条件】

ご依頼いただく際には以下の3つの条件すべてが必須となります。

(1)案件ご担当代理店さま(制作担当・媒体担当)がRadi Pos接続利用登録済みであること。

(2)広告主さまがCCCコード(広告事業者コード)を取得されていること。

<<<CCCコード取得状況の検索(外部リンク)>>>

(3)弊社への制作費お支払いについて、PayPal(クレジットカード決済)による事前入金が可能なこと。

【料金】

素材変換およびRadi Posへのアップロード登録(【STEP1】の制作会社カテゴリの作業)

ご依頼素材数に関わらず、1素材あたり@3,000円(税抜)で承ります。

※お預かりするCM素材にレベル規正用信号(1kHz)やクレジット音声が入っていない場合は
弊社にて追加編集も可能ですが、その場合の料金は1素材あたり@4,000円(税抜)となります。
ご依頼の際は可能な限り、次のフォーマットで編集した音源をお送りください。
◆基本フォーマット
【空白】→【1kHz 10秒】→【空白5秒】→【クレジット】→【空白3秒】→【CM本編】→【空白】

 

ご依頼方法

Radi PosへのラジオCM素材登録ご依頼の際には次の①~③を揃えてこちらまでお送りください。

①音素材

48kHz 16bit WAVデータ / 原則として前出の基本フォーマットに従い構成された音声ファイル

②CM原稿のPDFデータ

CM1カット毎に1枚の独立したPDF書類が必要です

Radi Pos送稿用情報

↑ここから専用用紙をダウンロードできます

③の書類は必要項目すべてを入力してください。
Radi Posは情報が欠けると登録作業が完了しません。

 

時代はオンライン!

テレビCMに関してもRadi Pos 同様のオンライン送稿システム「CMDeCo」(シーエムデコ)がスタートしています。ラジオもテレビもCM素材搬入はオンラインの時代です!

・・・とはいえ、まだまだMOディスクによるラジオCM搬入のご相談も承っております。くわしくはコチラをご覧ください。

なお、冒頭のRadi Posロゴの使用には(株)広告EDIセンターの許諾が必要です。無断転用はしないでください。

 

【参考サイト】

◆広告EDIセンター Radi Posサービス案内ページ

https://ad-edi.com/radipos.html

◆Radi Pos ログインページ

https://radipos.jp/

 

 

 

その他の最新コラムはこちら