ストック素材との上手な付き合い方

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 映像
  • WEB
  • ビジネス

ストック素材との上手な付き合い方

ストック素材、使ってますか?

皆さんが広告物や資料を作成するとき、意外に利用する事があるストック素材。

今回はこのテーマについて触れていきたく思います。

この画像もストック素材です、こういうのもあるんですね!(どこで使うんでしょうか・・・

 

ストック素材とは?

世界中のクリエイターが、自分の撮影、イラスト能力を活かして作品を管理会社に販売し

管理会社はそれらの素材を必要とするお客様に、作品を販売するビジネスです。

この画がどうしてもいるんだけれど、撮影する時間が無い、予算が取れない…

そんなときにクオリティが高く、すぐ手に入るストック素材の出番ですね。

ストック素材のメリット・デメリット

メリット・・・早い! クオリティが高い!

デメリット・・・使える素材を探すのに時間がjかかる! 金額が高い!(特に動画)

 

ストック素材の種類

ストック素材と一口に言っても、その種類や購入方法、権利の問題など様々な種類があります。

先ず大まかな分類で分けると以下の通りです。

写真素材・・・その名のごとくカメラで撮られた写真の素材です。サイズによって金額が異なることが多いですね。

動画素材・・・写真素材より高いです、でも動画素材を入れるだけでクオリティが上がります。情報量は写真の比ではありません。

イラスト素材・・・アマチュアからプロまで、いろいろな方が書かれたイラストです。イラストが描ければ苦労しませんが、意外に重宝します。

 

販売会社

では実際にそれらの素材を使ってクリエイティブを始めよう!と思っても、どこで手に入れればいいのか分かりませんよね。

次に紹介する際とはほんの一例ですが、素材を利用するにあたって知っていて損ではないのでご紹介いたします。

Adobe Stock ・・・世界最大のソフトウェア開発・販売会社が運営するストック素材販売サイトです。

世に言うクリエイター達が使用するソフトのほとんどがこちらの会社で作られています。

※弊社も使用。写真編集「PhotoShop」、動画編集「Premiere」「AfterEffects」等々…

PIXTA ・・・こちらは国内最大級のストック素材販売サイトです。

無料素材もあるので定期巡回すると、コストダウンできるかもしれませんね。

アマナイメージ ・・・報道や出版などの他のサイトでは販売していない特殊な素材が手に入ります。

 

上手な付き合い方

ストック素材の種類がわかり、入手先もわかったところで、上手な付き合い方をご紹介します。

①使用は必要最低限・オリジナリティを出すシーンでは使わない

→ストック素材は入金さえできればすぐデータを入手でき、便利ですがオリジナリティを出すシーンでは

使用しない方がクオリティが高くなります。誰でも使える、という事は演出が被る可能性も高く、

自社独自の商品・サービスを紹介するときは必ず撮影をこころがけるべきでしょう。

 

②企画書・構成作成の段階ではカンプデータを使用する

→これはお金の話で、企画書や構成を作っている段階は、内容が未確定の場合がございます。

その場合、もしデータを購入して企画書を作ったとしても、最悪の場合制作案件がなくなった場合

使いどころのない画像を購入してしまったというマイナスにつながります。

 

まとめ

どこを素材でまかなうのか、素材を探す時間を確保する、またはそれも含めた金額・予算設定を心がけましょう!

その他の最新コラムはこちら