オブジェクト・オーディオ

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 音声・楽曲

オブジェクト・オーディオ

映画音響の歴史

映画音響の歴史は、1926年に「ジャズシンガー」という映画でモノラル音声から始まりました。

その後、1977年に「スターウォーズエピソード4」でステレオ音声、1987年「バッドマン リターンズ」で5.1ch、2010年には「トイ・ストーリー3」で7.1chが登場しています。

最先端サラウンド技術「Dolby Atomos(ドルビー・アトモス)

このように、映画音響はチャンネル数を増やすことで、進化してきました。

しかし、今回ドルビーが開発したのは、オブジェクト・オーディオという考え方で、音響を制作する際に、X、  Y、 Zの次元座標データを加えた「オブジェクト」にしています。

劇場のどこにでも、音を配置したり移動させたりすることができます。

車のエンジン音、動物の鳴き声、波の音などそれぞれの音をどこにでも配置することができます。

Dolby Atomosを体験する

このDolby Atomos現在では全国20の劇場、22スクリーンに導入されている。

また、ブルーレイにも収録されているので、AVレシーバーとスピーカーを

導入されば家庭でも楽しむことができます。

 

 

その他の最新コラムはこちら