マーケティングの4P

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • ビジネス
  • プロモーション

マーケティングの4P

4p

先日はとあるセミナーで講師としてお話しをさせていただく機会をいただきまして、そこで改めて自分自身がMBAホルダーという事を思い出さされました。

というわけで、今回はMBAホルダーらしく、プロモーションを中心に「マーケティングの4P」についてお話をしようと思います。

4Pってなんの略?

4Pって言われても、なんの事かわかりませんよね?4Pとは、マーケティングにおいて古典的なフレームワークの一つです。「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「販促(Promotion)」の4つのそれぞれの頭文字のPをとって4Pと呼ばれています。つまり、4Pとは製品開発から販売プロモーションまでの流れを戦略的に整理するフレームワークです。

製品(Product)

製品開発とは、ビジネスを構築する上で最も根幹となる部分です。今の世の中、非常にビジネスの在り方が複雑化してはいますが、基本的には、「誰に何をいくらで売るか?」という事です。 この「何を」という部分がこの製品開発の部分にあたります。

製品(Product)には、商品・商材そのもの以外にも、サービスやアフターメンテナンスを含めて考えます。製品のスペックは多少劣っていたとしても、お客様の求めるサービスを充実させることで総合的に勝っているケースはよく見かける事だと思います。そういう周辺の構成要素も含めて、ターゲットとするお客様からみて魅力的な製品・サービスでなければ売れることできないという事ですね。

価格(Price)

ようは、なんぼで売るかという事ですが、ビジネスを構築する上で最もシビアで非常に難しい要素です。価格優位性は販売の現場で強い意味を持ちます。 ビジネスの最大の目的は、「利益の最大化」であるとするならば、できるだけ高く価格設定をしておきたいというのが基本的にあります。しかしながら、高い価格を付けてさっぱり売れないこともあれば、安く設定して沢山売ろうとしても想定したほど大量に売れず、結局赤字になってしまうこともあります。

流通(Place)

製品開発し値決めもできた商品を、どのようにして売るか、という部分です。物の流通経路はインターネットが生まれたことによりより複雑化してきました。

直販で売るか、代理店に売ってもらうか、カタログを活用した訪問販売で売るか、オンライン通販で売るか、どの流通経路で顧客に製品やサービスを届けることが最適かを考えます。

Priceを考えてから、Placeを考える事が王道ではあるのですが、場合によっては、Placeの方を先に考える必要があります。なぜならば、流通を先に決めないと価格設定がしにくい商材もあるからです。

例えば、もし先に競合と比較して優位性のある安い価格を付けてから販売網を直販でビジネスを構築していたとします。所が、後に、代理店販売へ移行して行こうと思った場合、その代理店に十分なマージンが落ちる価格体系になっていなければ、代理店は積極的に売ろうとはしてくれないという現象が起こるのです。

販促(Promotion)

Promotionは、弊社の主要なサービスですが、中小企業の場合はマーケティングの4Pの中でも特にこの部分を苦手とする会社が多いですね。製品開発〜流通までの部分はとても上手なのに、Promotionの部分が十分でないために、大きくビジネスチャンスを逃しておられるケースをよくお見かけします。

そういう会社では、ゴリゴリの営業でなんとかすれば良いと思っておられる経営者の方も多かったりします。つまり、Promotionに、(外注)コストをかけずにスタッフに営業を一生懸命させればお金がかからないで物を売る事ができると勘違いしているという事です。(実際は、スタッフが動けば人件費がかかっているのですが。)

Promotionの要素として実行しなければならない事は、イベント、キャンペーン、セミナー集客、Web、リスティング広告、マス広告、メルマガ、DMの制作と発送、プレスリリース、そしてカタログやパンフレットの制作管理などの、「広告や広報活動」です。いかにして、商品をターゲットとする顧客層に効率良く知ってもらうかという事です。

注意しなければならない事は、Promotionは、あくまで4P(マーケティングミックス)の中のひとつの要素だと理解することが大事ですね。ビジネスが成功するかどうかはこのPromotionという要素が最終的に鍵を握っているといっても過言ではありません。

ぜひそういったマーケティング的視点で、Promotionを再度考えてみてはいかがでしょう?

その他の最新コラムはこちら