収録後の編集/よりクリアな音にするために

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 音声・楽曲
  • 広告・メディア

収録後の編集/よりクリアな音にするために

音声制作グループのヒロセです。

前回私が担当したコラムで収録前の下準備についてご説明させていただいたのですが、今回は収録後の編集から納品について、私がよくする方法をラジオCMの制作を例にご説明いたします。

 

ブレス・リップノイズ 除去

仕込みをしっかりして収録が終わると、さっそく編集に取りかかります。

まずはナレーションの編集ですが、普段のおしゃべりでは気にならないけど、

放送をはじめ音声制作物になると、とたんに気になるのが「ブレス」や「リップノイズ」です。

「ブレス」とは、その名のとおり呼吸です。

息を吸い込む「スー」という音が結構気になるものなのです。

「リップノイズ」とは、話している際に唇などから出る「ぺちゃ」というノイズ。

これも普段の会話の中ではあまり気にならないのですが、

マイクを通すと気になるノイズになることがあります。

このようなノイズは人間である限りどうしても出てしまう音なので、

完全に除去してしまうと逆に不自然になってしまうこともあります。

「いい塩梅」を考えながらノイズを取り除いていきます。

 

イコライザー・コンプレッサー

イコライザは音色を補正するエフェクター、

コンプレッサーは一定の音より大きければ音量を下げて、

音を圧縮するというエフェクターです。

私たちは主にこのふたつのエフェクターを駆使して、よりクリアで太いボイスを作ります。

イコライザー・コンプレッサーについては別の記事で詳しく説明していますので

ご参照ください。

イコライザ、コンプレッッサーって?

バランス・効果音など

ナレーションの編集が終わったら、BGMとの音量調整をしてベストなレベルにします。

私はコンサート告知などの制作を担当することが多いのですが、

音楽を聴いて「お、こんなかっこいい曲を演奏しているバンドなら、ライブで見てみたいな」

と思ってもらうことが大切なので、やや大きめにBGMを設定することが多いです。

訴求するポイントによってレベルの取り方も変わってきますし、

より際立つと判断した際には効果音を入れたり、

ナレーションに空間系のエフェクトをかけることもあります。

効果音については別の記事で詳しく説明していますのでご参照ください。

効果音で変わる感じ方の違い、おもしろさ

完成〜納品

すべての行程が終了したら完成!なわけですが、

ラジオCMの場合、各放送局に納品するための統一形式があります。

「BWF-J」という形式なのですが、こちらの形式に変換することも弊社で担当しております。

その他の納品形式でも可能な限りご対応させていただきますので、

お気軽にご相談くださいませ。

その他の最新コラムはこちら