動画マーケティング HHH戦略

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 映像

動画マーケティング HHH戦略

多くの企業様が動画を使用して、ビジネスに何かしらの効果を出そうという流れが顕著になってきている世の中ですが

実際のところどのようにして動画を活用すればよいのかは分からないものですよね。

お客様からも、動画を作りたいという要望は頂くのですが、制作した後、YouTubeや自社WEBにアップしても、そこから何をすれば良いのか分からないということを良く聞きます。

 

実際は、動画作る前と、作った後の変化を検証する必要があるのですが、そこまでするにはなかなか手間と時間がかかります。

 

とりあえず、まずはどのような戦略を念頭に置いて動画を作れば良いのかをお伝えします。

 

HHH戦略

これは動画に限った話ではありませんが、最初にまず考えるのは「何のために」、「誰に向けて」、「どんな(動画)コンテンツを作るのか」、ここが出発点であり、一番重要なポイントになります。

 

具体的には次のような流れで進めてみてください。

  • 課題設定
  • ターゲット設定
  • KPI設定
  • コンテンツ設定
  • 制作
  • 効果測定

 

恐らく、①と②が一番重要になってきますし、この段階で仮説を打ち立てる必要も出てきますので、その人の仮説力も問われます。

 

課題が定まったら、どのような動画を作れば良いのかが見えてくると思います。

ここでGoogleが提唱している「HHH戦略」が役に立ちます。

 

この3つのHはそれぞれ、Hero(ヒーロー) Hub(ハブ) Help(ヘルプ)を表しています。

 

Hero型動画

Heroとは、可能な限り多くの人に見てもらい、特にその動画からコンバージョンを狙うというよりかは、

一旦このHeroコンテンツで潜在顧客を増やすというのが目的です。

 

 

Hub型動画

そして、このHero動画を視聴したユーザーに対して、「他のコンテンツを見てみたい」と思わせるのがHub(ハブ)型動画です。

この動画のポイントは、実際に手に取ったり、利用したことがないユーザーに、動画で分かり易く、商品やサービスの内容を伝えることです。

 

Help型動画

そして最後のHELP型動画は、すでに商品を買ったユーザーに対して、使い方や活用方法を伝え、リピートやファン化を促すための動画です。

 

 

まとめ

動画を制作する際、あるいは制作会社に依頼する前に

ぜひ一度、動画を制作する目的を明確化することをおススメします。

そのために、このHHH戦略を参考にして頂き、動画で自分のビジネスの何を加速させたいのか、また、どのような効果を

出していきたいのかを把握するだけでも、動画の出来上がりと効果は見違えるはずです。

 

その他の最新コラムはこちら