自社の強みって何?(ブランドを考える)

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • ブランディング

自社の強みって何?(ブランドを考える)

プロモーションの目的、ツールについて一通り見てきましたが、いかがでしょうか?

だんだんプロモーションについて、みなさん詳しくなってきたことかと思います。

さて、今回は「自社ブランドについて考える」です。

 

ブランドとは?ブランディングとは?

ブランドとは何でしょうか?

シャネルとかルイヴィトンとかブランドの名前でしょうか?

ブランド(brand)とは、

「自社製品やサービスを他社製品やサービスと識別するための名前、用語、デザイン、シンボル、そのほかの特徴」

と定義されているそうです。

ロゴマークやデザインのことだけではないんですね。

 

そしてブランディングとは

企業が、自社や商品(サービス)に対しての、顧客にとって価値のあるブランド(信頼性や共感など)を構築するための活動

のことをさします。

ロゴマークを見てもらった後、「あ、あの会社が作ってるんだ」とか

「この会社の商品なら安心だな」という心の動きを作り出す活動です。

 

中小企業がブランドを考える必要性

他社との差別化をはかるためにブランド力を高めましょう!とお伝えすると、

「うちみたいな中小企業がブランディングなんて早いよ。ああいうのは大企業がやるもんだよ」

という回答が多いのですが、私は大企業よりも中小企業の方がブランドを考える必要があるのではないかと思います。

 

大企業であれば、ロゴマークや社名を聞いただけで、何となく「あの会社か」となりますが、

中小企業では「何してる会社?」となり、ブランドを伝えることができません。

潤沢な予算があれば、ふんわりとしたイメージでもマス媒体を使って消費者に伝えることができますが、

中小企業にその戦略は取れません。

他社と同じようなイメージを構築して、ふんわりしたイメージをちまちまと展開しても

誰も見向きもしてもらえず、無名商品として価格競争に巻き込まれていくことになるのです。

価格競争に巻き込まれず、根強いファンを作るためにブランディングは欠かせません。

 

自分の会社のブランドの作り方

自分の会社の強みを自社で考えなさい!というのは就職活動の自己分析をするのと同様難しいものがあります。

そこでこのようなフレームワークを使いながら、自社の強みやオリジナリティを探していきたいと思います。

①環境分析

私たちはどのような人たちをお客様にするのか。

私たちはどの分野で戦えば、他社より優位になるのか。

私たちはどんな商品を持っているのか。

私たちを取り巻く環境は今後どうなるのか。

といった項目をSWOT分析3C分析でみていきましょう。

一度で終わることはなく、新しい要素が生まれれれば何度も見直していく必要があります。

 

②ブランド・アイデンティティを決める

自分の周りの環境と責めるべきターゲットが決まった後、

その人たちに「どのようなイメージを持たれたいのか」

「何を提供する会社であるのか」を考える作業に入ります。

良いところ、悪いところ、よく言われる言葉、社内の風土などを明文化していきます。

その中で、会社のコアにあるアイデンティティを決めます。

 

③ブランド・アイデンティティをビジュアルに落とし込む

コア・アイデンティティをベースに可視化していく作業に入ります。

例えば、ブランドコピーを考えたりするにあたり、キーワードとなる言葉や

デザインの色であったり、フォントであったりをブランドイメージに沿うものにしていきます。

koramu

 

 

こうやって企業のブランドは作られていくのです。

ぜひ皆さんも一度トライしてみてください。

その他の最新コラムはこちら