安くても視聴回数を増やすには

プロモーションのこと、制作のこと、気になる話題をお伝えします

  • 映像

安くても視聴回数を増やすには

 

せっかく動画を制作するなら

できる限り多くの人に見てもらいたいですよね。

YouTubeで再生回数が増えれば

ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますし。

 

とはいえ、なかなかうまくいかないのが本当のところ。

今回のコラムでは、バイラルに成功した動画を分析して

再生回数を増やす方法をお伝えしたいと思います。

 

今回取り上げるのは以下の動画です。

(日本語役.verはこちら→https://youtu.be/WcidfzfIWdE)

 

 

 

トリプルメディアを活用

マーケティングコミュニケーションを構築していく際に

一番大切なトリプルメディアをまずは意識していくことが大切です。

explanation

参照:http://www.infobahn.co.jp/special/ownedmedia01

 

上の3本の動画は、視聴した人の感情を動かすことに成功し

SNSやブログなどで拡散され、バイラルに至っています。

つまり、アーンドメディアをうまく活用した成功事例といえます。

 

今やほとんどの人がスマホを持ち

SNSの拡散力もまだまだ想像を超える効果を生み出します。

その拡散力をうまく活用した結果が、これほどの視聴回数獲得に至った要因ではないでしょうか。

 

 

誰もが共感できる

今回ピックアップした動画に共通しているのは【母】。

ほとんどの人が共感できる内容です。

 

今現在お母さんである人はもちろん

男女関係なく、年代の壁もありません。

もしかしたら究極の題材かもしれませんね。

 

中には、動画に対して低評価を下し人もいるため

全員から共感を得た動画では決してありませんが

バイラルを狙うには、まずはプラスでもマイナスでもいいので

評価されることが必須です。

 

たまに炎上したが故に、視聴回数が伸びることもあります。

 

一番ダメなのは、誰からも興味を示されないことです。

よく「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」と言われていますよね。

「好き」も「嫌い」も何かしらの感情がある時点で関心があるということです。

 

心に残るストーリーとリアルな表情

3つの動画に巧みに仕組まれたストーリーこそ

何よりもバイラルに導いた成功要因だと考えます。

 

ドラマも映画も

どこかで主人公に困難が訪れ、一体どうなるのかという感情が

視聴者に生まれて食いつくようになっていくものです。

 

今回のどの動画を見ても

とても素敵なシナリオのものばかりです。

 

先ほどにも書いた、「母」という誰もが共感する題材で

そのストーリーも心動かされるものであれば

動画がシェアされるのは当たり前のことです。

 

また、出演しているのは決して演技が上手な俳優さんや女優さんではありません。

私達と同じ一般の方々です。

 

このリアルな表情や仕草が親近感を呼んだのだと分析できます。

 


 

 

今回紹介した動画は、決して複雑なアニメーションやエフェクトを使っている訳ではありません。

特にWorld’s ToughestはPCのインカメラだと思われるくらいの画質で

編集も少しソフトの使い方を覚えれば作れるレベルです。

 

お金をかけたからといって、それと比例して視聴回数は伸びません。

 

大事なのはもっと別のところにあります。

 

その他の最新コラムはこちら