アトラ株式会社様

artra_kai

工程の分業により、コストを削減。映像を活用することで、イメージの膨らむ提案が可能に。

「世界中の人を健康にしたい」という企業理念のもと、鍼灸接骨院の開業支援に始まり、保険請求代行、ECサイトによる施術用品の販売、患者様向け予約システムの提供から、経営者・施術者向け各種セミナーの開催まで、幅広く鍼灸接骨院事業のサポートを手がけるアトラ株式会社様。特に業界唯一の「ほねつぎ」鍼灸接骨院チェーン事業は、異業種の事業者の参入を前提とする事業モデル。いわば「畑違いのお客様」への有効な提案ツールとして、映像を活用されています。
今回はそんなアトラ流映像活用術についてお話を伺いました。
映像は主にどのようなシーンで活用されていますか?
新たに鍼灸接骨院事業への参入を検討されている経営者の皆様へ、鍼灸接骨院とは何か?どのような事業なのか?をご理解いただくための有効な事業提案ツールとして活用しています。「ほねつぎ」チェーン事業におけるお客様は、弊社とは畑違いのお客様。鍼灸接骨院と聞いてピンとこない方も多くいらっしゃいます。そのような方へのアプローチには、映像だからこそ可能になるイメージのしやすさ、分かりやすさが欠かせません。
また既存の院へは、これまでにないサービスや新たな施術法を提供する際に、主に映像をを使用します。特に施術法は、一連の動作の流れがつかめなければ現場で活用することはできませんので、そういった意味でも映像の果たす役割は非常に大きいといえます。

映像を活用するようになったきっかけを教えてください
施術法においては、具体的な動きのみならず、その動作の中で注意すべき点・重要な点を伝えなければなりません。それらを全て分かりやすく表せるようにと、動画による施術法の提供を始めたことが、映像を活用するきっかけになりました。
今では施術法にとどまらずさまざまな場面で映像を使用していますが、弊社が提供する鍼灸接骨院向けサービスは独自のものが多いため、映像による提案が特に有効です。短時間でも分かりやすくイメージがしやすいことが、いうまでもなく最大の理由です。
またオンライン上で提供している施術者向けの動画をご覧になり、施術用機材の問い合わせをいただいたこともありました。副次的な効果ではありますが、映像の活用が営業コストの削減にも繋がっています。

シードアシストを選ばれた理由を教えてください
事業の規模が大きくなるにつれ、複数の部署から積極的に映像を使用したいという要望があがるようになりました。しかし、これまでに見積をお願いした制作会社はどこも高額で、とても予算内に納まるものではありませんでした。
そんな中シードアシストさんには、映像の一部、特に技術的に容易な部分を私達自身で作成・編集してはどうか、というご提案をいただきました。「コストとしてこれくらいはかかって当然」といったスタンスではなく、私達の技術力に合わせ、予算内でも実現可能な方法をご提案くださったことが最大の決め手です。また自社でモデル・タレントのマネジメントをしておられることもあり、煩雑な人の手配を併せてお願いできる点も非常に助かっています。
映像製作で困ったときにはどんな些細なことでも相談でき、いつも的確なアドバイスや提案をしてくださるシードアシストさん。今では欠かせないパートナーとして一緒にお仕事をさせていただいています。

今後はどのような映像の活用をお考えですか?
弊社では「ほねつぎアカデミー」という鍼灸接骨院向けオンラインセミナー受講サービスを提供しています。現在の動画コンテンツは施術法に関するものが中心ですが、今後は経営手法やスタッフ育成など、幅広く有益な情報を提供していきたいと考えています。映像を活用すれば、活字や静止画では伝わらない話者の熱意まで伝えることができます。
また鍼灸接骨院は年々その数が増えています。現在のオンデマンド配信に加えて、院同士の情報交換の場としての、セミナーのリアルタイム配信も考えています。
そこに至るまでには、まだまだ超えなければいけない壁がたくさんあります。シードアシストさんの力をお借りしながら、鍼灸接骨院のインフラとなることを目指していきたいと思います。
Client アトラ株式会社
Case