ここじゃないどこか

2018.04.18
宇宙よりも遠い場所、言葉、一人旅

「ここじゃないどこかに行きたい。」

 

これは、最近みたアニメ『宇宙よりも遠い場所』の主人公の言葉です。

今自分がいる場所。変わらない街並み。あそこのボーリング場。

見慣れた居場所、安心できるところから一歩前に踏み出して

見たことのない景色を見る。その経験がきっと“大嫌いな今の自分”を大きく変えてくれる。

そう信じた一言だと私は解釈しています。

 

 

・・・

 

 

私も大学生の頃は色々なところへ一人旅をしていました。

近場だと、京都・滋賀・和歌山・三重・岡山・愛知。

 

<京都府 社寺の紅葉>

京都のお寺や神社へ行った時に撮ったものです。撮影地は忘れてしまいましたが、

どこをみても一面の紅葉でとてもきれいでした。紅葉の絨毯があったのでパシャリ。

 

<和歌山県 浜辺のイルミネーション>

友達と白浜・アドベンチャーワールドへ行った帰り道に立ち寄った海岸で

行われていたイルミネーションのイベントです。

12星座のイルミネーションを間近で見て盛り上がりました。

 

<三重県 志摩スペイン村のアトラクションからの風景>

なんか船に乗って一周するやつです。

ちょうど撮影したタイミングで虹がかかったので幸せな気持ちになりました。

 

 

遠方だと、東京・埼玉・神奈川。

 

<東京都 東京スカイツリー>

友達と登りました。ちょうど満月の綺麗な夜景の中で花火が咲いていました。

この写真の手前には隅田川が流れています。いつか隅田川の花火を見に行きたいです。

 

<神奈川県 茅ヶ崎サザンビーチの海岸>

晴れた日の夜中の星。そこから朝焼けに変わっていく空は本当に綺麗で、

時間を止めて切り取っておきたいくらいでした。

 

 

移動方法は電車か夜行バスで交通費は極力抑えてましたね。(笑)

最低でも30回は県外、主に関東に行きました。

 

いつどこへいっても、いつも新鮮な気持ちで

少しの不安とドキドキを感じながら有名な建物や景色・自然をみて。

ご当地グルメを堪能し、物を作り。

時には友達の力を借りて、気付けばたくさんの思い出ができていました。

 

振り返ればもっといろんなことに挑戦できたなと思いますが、

人見知りで臆病だった自分にとっては良く頑張った方じゃないかと。

 

そうやって分からないこと・知らないことを経験することで

分かること・知っていることに変わっていくと

不安は知識に変わり、知識は判断力になり、結果が自信になる。

 

自分自身が大学に入る前と後では

大きく変わっているのだと今になってわかります。

社会に出て3年目、社会に出る前の自分とは

大きく異なる点がきっといくつもあると思います。

今はまだまだ見えていませんが、この先また振り返った時に

良い意味で大きく変わり成長している自分になっているように。

少しずつでも前進していけたらと思います。

 

 

・・・

 

 

アニメのたった一言でも自分自身のことを振り返るきっかけになる。

言葉というものはとても影響力の強いものですね。

 

ナレーションを収録している身として

「言葉」を大切に今後も頑張っていきます。

 

みなさんもよければ『宇宙よりも遠い場所』見てみてください。

ちなみに、このアニメの内容は、女子高生が南極に行くお話です。

(公式HP:http://yorimoi.com/

 

 

 

というわけでアニメを見て感傷ひたひたの山本でした。

 

 

 

*おまけ

<三重県 早朝の車内>

誰もいなくて貸切状態でした。今でも覚えています。

夜帰るはずだったのに、電車トラブルで日帰りできなくなったのを。笑

 

◇ナレーションのことならシードアシスト◇

私が書きました

山本涼