同窓会

2018.03.26
仲間、同窓会、小学校、卒業式、ドラマのような思い出

先日、小学校の同窓会がありました。
もう卒業してから何年?と遡るのも怖いくらい年月が経ってますが、
3〜4年毎にこうやって集まる仲良しクラスです。

担任だった先生は私たちより19歳年上。
ってことは、当時はまだ30過ぎ。
大変だっただろうなぁ〜と、いつも皆で感心&反省(笑)してます。

 

そんな小学生のときの、月9ドラマのような思い出。

 

卒業式のあと謝恩会まで時間があったので、
小学校に一番近い子のマンションに男女10人くらいで遊びにいきました。
当時は地元の中学校がかなり荒れていた影響で
クラスの約三分の一が私立の中学校へ進学を決めていたので、
もう会えなくなる友達も多くて、じゃあ卒業だし、告白タイムしよ〜!というノリになったんです。

女の子達は好きな男の子の名前を紙に書いて(自分の名前は書かずに)
その紙をベランダから一斉に落とす。
男の子達がワーッと外に拾いに走る。
戻ってきた男の子達は、その紙の字体から書いた主が誰なのかと大騒ぎする・・・

なんか、すごく楽しかったなぁ。
子供だけど、立派な青春の思い出。

 

そして、そんな仲間が今もこうやって集まれる。
お互いに変な気遣いもなく、ほんとに「素」でいられる仲間たち。
一生の宝物だと思いました。

次の同窓会は、次の冬季オリンピックの年に開催予定です。

 

 

.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.

ナレーション収録のことならシードアシスト

.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆.。.:*・゚*:.。.

 

 

私が書きました

山下 裕子