ここは宇宙。

2018.01.12
宇宙

たとえば、テレビでSFをやるとしますよね。
 
アメリカ映画に負けない映像を作るためには、
SFXやらコンピューターグラフィックやら、やたらお金がかかるわけです。
 
ところがラジオなら、ナレーターが一言、
 
「ここは宇宙。」
 
と言うだけで、もう宇宙空間になっちゃうんですから。
 
ーーー映画『ラヂオの時間』よりーーー
 
学生のころ観た三谷幸喜監督の映画で出てきた台詞。
 
人の想像力ってすっごいですね。
 
人間は情報を、目から8割、耳から2割得る。
みたいなことを良く言いますが
音はつまり、情報として入ってくる量が目より少ない分
聞く人それぞれの想像力に働きかけることが出来る
想像力を刺激するような、そんな物なのかもしれません。
 
音ってやっぱり素敵。
今年も音声制作に励もう!
 
ナレーションならシードアシスト
 
 
さて、今年最初のブログですが、
年末年始はずっと美味しいお酒を飲んでいたので記憶がありません。
 
写真で振り返ってみると、新年会のお寿司の写真が出てきました。
 

 
お寿司食べたい。
今年もよろしくおねがします。

私が書きました

松嶋 毅之