天五中崎通商店街のもんじゃ。aikoさん、ゆかりの店。

2017.03.21
山本涼
Blog_00

 

わたしと共に音声制作グループで働いている「山本くん」は、

日々、録音スタジオにこもりナレーションを収録し、
そして数え切れないほど膨大な数のラジオCMを制作している。

 

そう、つまり。
「山本くん」は日々、録音スタジオにこもり、ナレーションを収録し、
本当に数え切れないほどのラジオCMを制作しているのです。

 

大事なことなので、2回言いました。

 

 

今回は。

ラジオCMの匠とも言える彼の素顔を追う。
待望の山ちゃんシリーズ第2回は、
彼の馴染みにしているお店「もんじゃ屋」

 

 

 

大阪市営地下鉄「天神橋筋6丁目」駅から歩いて3分。
シードアシストからも頑張れば歩ける距離のお店です。

 

 

さて。もんじゃ屋に行く日。

用事があって、彼との待ち合わせ時間をを大幅に遅れて店に向かった私は、
先に店で待っている彼の、
「近くまで来たら連絡ください。迎えに行きます」の言葉を信じて、
LINEを送りまくって天満駅で待っていたが、
既読にもならず。完全に待ちぼうけ。

 

店は電波が悪いらしい。気をつけろ!

 

 

 

店は、緑色の入り口が目印。
2階にある店内は、とてもアットホームな感じ。
BGMはaikoさん。
実はこの店、あのaikoさんが昔通っていた店だということで、
aikoさんのファンが集うらしい。
そう、なぜ山ちゃんがこの店を馴染みにしているかというと、
彼はaikoさんの熱烈なファンだからなのでした。

 

 

到着したら、皆さんすでにもんじゃを堪能されており、
アルコール飲料をしこたま飲まれておるようで、楽しそうにされていたのですが、
後から来た私のためにとりあえず追加でひとつ、
山ちゃんオススメのもんじゃを頼んでもらいました。
私はあまり詳しくないので。

 

 

そもそも、

私はあまり「もんじゃ」について知識は無く、
粉もんといえば、たこ焼き。TAKOYAKI in my heartな感じで、
好きなアイドルは、たこやきレインボーなわけで。

 

 

そうこうしていると、もんじゃがやって来ました。
と、いうか素材がやって来ました。

 

 

そして、彼が動きはじめました。

 

Blog_01
ジュージュー

 

 

Blog_02
シュシュシュ

 

 

Blog_03
シュシュシュシュ

 

 

Blog_04
火加減!

 

 

Blog_05
さぁどうぞ。

 

 

、、、お店の人ですか??
という程の華麗な手さばきで、彼はもんじゃを完パケました。

 

彼を「録音スタジオの主」と呼ぶ人がいる。

はたまた「ナレーション収録界のプリンス」「ラジオCMの匠」とも呼ばれる彼は、

そんな彼の本当の姿は、
「もんじゃ焼くのが上手い人」
「もんじゃ焼くのが上手い人」だったのです。

 

大事なことなので、2回言いました。

 

 

正直、私は人生でもんじゃを食べるのは2回目。
人生2度目のもんじゃはビールに良く合いとても美味しかったです。
みんなで歓談を楽しみながら、食べるのにはとても良いものですね。
わいわい。

 

 

私は、考える。

 

例えば今、地球上に男は何人いる?

 

 

「35億」

 

 

あと5千万人

 

だ。

 

 

そのなかで「もんじゃを焼くのが上手い人」が一体何人いるのだろう。

 

 

そんな35億と5千万人のなかで、

近くにこんな
「もんじゃ焼くのが上手い人」が
そう、こんな近くに
「もんじゃ焼くのが上手い人」が
いるのは、奇跡。奇跡だ。

 

 

もんじゃのことなら山ちゃん、ナレーションのことならシードアシスト。

私が書きました

松嶋 毅之