今夜の一杯。

2017.09.19
お酒

「松嶋さんってお酒、強いんですか?」
「うーん、強いかどうかは自分でもよく分からんけど、まぁ好きなほうですねー」
 
そんな会話を交わしたり、交わさなかったり。
先週も「じゃぁ1杯いきましょか」と色々飲みにいってしまいました。
 
 
皆さんもうご存知かと思いますが、
私は、お酒が「好きなほう」どころか、人と飲み行くのがめちゃくちゃ好きで、
会社用の携帯にビールジョッキのストラップ付けてるぐらい好きなんです。
 
 
そんな私の、今日は「禁酒」の話。
 
 
たまに居酒屋行ってワイワイ飲むだけなら良いですが、
困ったことに、ここ数年で家でも毎日飲む癖がついてしまい
年がら年中酒びたり。
自分でもなんとく身体が心配になってきていました。
 
そこで、
せめて家で飲むのはやめよう (でも外ではしっかり飲もう)と、決意。
 
しかし、急にやめるといっても難しいので、
タバコでいうところの、禁煙パイポみたいな物があれば止めれるんじゃないかなと
色々探していました。
つまり金麦の「代替品」です。
 
 
結論から言うと、
今月から「トマトジュース」を飲み始めました。
 
 
大嫌いで、気持ち悪くて、もともと全く飲めなかったのですが、
逆にそれが良くて。
 
「今から私はトマトジュースに挑戦するぞ、苦手な物と果敢に対峙するぞ」という感覚が、
飲むという行為にある種のゲーム性を与え、それが
沸き起こってくる「酒を欲する気持ち」を紛らわし、
ひとときの間、私の頭からお酒のことを忘れさせてくれます。
 
そのあいだに、ペットボトル1本 900g
不味いから「ゔぉおえぇぇ」ってなりながらだけど飲みきる。すると
あ〜ら不思議
以降、金麦を飲みたいなんて気持ちが全く起こらなくなってしまうのです。
(お腹も結構パンパンになりますが、、、)
 
さらに、飲み干した後にはお酒では味わえない大きな達成感を与えてくれます。
「飲めたぁー♡」って。
 
 
そんな感じで、
家では絶賛禁酒中の私ですが、
飲み行くのはめちゃくちゃ好きなので、皆さん誘ってください。
 
 
それと話は変わりますが、ナレーションのことでお困りの方、
シードアシストは親切丁寧。満足いくナレーションが録れますよ。
ナレーションならシードアシスト!
ではまた!

私が書きました

松嶋 毅之