久振りにバスフィッシングをした時の話

2017.09.05
バス釣り、ルアーフィッシング
バスフィッシングブログ

どうも!

ついこの間まではカンカンに暑かった日が続いていましたが、最近では朝・夜涼しくとても過ごしやすい日になってきましたね。

9月はまだまだ暑いイメージでしたが、今年は秋もいよいよといったところでしょうか。

 

話は急に飛ぶのですが…笑

最近は公私共に少しバタついており、なかなか釣りに行けない日々が続いていたのですが、先週あたりからようやく釣りを再開できるようになってきましたので、久しぶりに近くまで釣りに行ってきました。

朝方・夕方は魚の活動が活発になるという事を昔聞いた事があったので、今回は夕方のタイミングで2時間だけ、釣りをしてきました。

やっぱり、久しぶりの釣りは楽しくてたまりませんでした笑

 

よく周りから「食べれない魚を釣って何が楽しいのか…?」と言われるのですが、バスフィッシングには他の釣りにはないゲーム性があり、その要素が強く、釣れた時は総想像以上の達成感があります。

なので、基本的に釣った魚を食べる・食べないの概念は私の頭の中にはありません笑

 

 

 

 

 

 

 

この日は夏場に水面に飛んでくる虫などをイメージして釣りをして、水面あたりでスーッとゆっくりルアーを巻いたり、チョンチョンと小刻みして動かして、合計で10匹前後釣れました!

 

いや~楽しかった。

都会ではすっかり鳴かなくなったセミの鳴き声がまだまだ聞こえていて、中学・高校の夏休みを思い出し、とても良いリフレッシュになりました。

 

私が書きました

吉見 元宏