20周年

2017.07.19
映画、ホラー映画、ポケモン、アンソロジー、キミにきめた!、20周年、ポケットモンスター

 

 

プライベートが絶賛原稿修羅場期です。

 

 

修羅場です。

 

 

 

 

 

しかしポケモンの新作映画を見てきてしまいました。(愚か)

 

 

 

やっぱり当時の世代の人間からすると旅の仲間が違うとか思うところは色々あるのですが、
IFの世界、パラレルワールド的なものだと思い割り切れば全然面白いので普通に楽しめました。

正直サトシとピカチュウの関係が最高で、覚悟してた以上にそのあたりは全く気になりませんでしたね…。

 

あと涙腺が5000兆回くらい死ぬ。

 

当時の世代の人は気をつけて下さい。
懐かしさだけで泣く。

 

映画なので一つ一つの当時アニメでやってた要素とかは時間上省略されてるんですが、
脳が勝手に旅の思い出を補完して泣く。

 

 

結論としてはとても良かったです。
美女と野獣以来のボロ泣き映画…。

 

 

 
ただ、アニメ系とか子供向けっぽいものって体感としてやっぱりちょっと周りのマナー悪い人が多いですね…。
特に家族連れとかでも無い普通の大人の方が多いんですよね。堂々と携帯弄ったり私語とか…
今回観に行った時は何か特に酷かったです。

 

 

本編中に喋る人とだけは絶対一緒に映画館には行かない。

 

 

そもそも一緒に行く友達は居ない。

 

 

そう、私には友達が居なかったんじゃないか…。

 

 

じゃないか……

 

 

ジャナイカ……?

 

 

 

(ダダッダッダダダッ)

 

 

 

 

そーれっここジャマイカ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れて下さい。

 

 

 

 

それはそうと参加していた「ホラー映画ジャンルオンリー」なアンソロジーが無事に発刊されたようで、やっと!手元に!届きました!!

 

 

 

 

160ページ超えでなかなかの厚み、なかなかの鈍器具合。
どこめくってもホラー映画で最高でした。

 

 

しかし私の描いたやつがなかなか出てこないなと思ったらトリで…。

 

 
もう次皆のコメントカットなんですけどちょっと…こんな漫画で締めちゃって良いの…。

 

 

 

僕しーらね!

 

 

 
シエーラネ

 

 

 

 

 

 

私が書きました

亀川 真奈美