無音の空間

2017.06.19
兵庫県立美術館、ルネ・マグリット、ベルギー奇想の系譜展

録音スタジオという閉鎖された空間の中で

ひたすら「音」に神経を集中させる、私たちの仕事。

その反動で無性に自分を「無音」の空間に連れていきたくなることがあります。

私のリフレッシュ方法は、それ。

 

 

北海道を一人旅したとき

美瑛の丘や利尻島を自転車で駆け巡っていて

ふと止まると

回りに誰も居ない広大な大地の中

自分の呼吸だけが聞こえるという静けさ。

 

 

人の少ない美術館で

自分の足音や空調の音すら気になるくらいの静けさ。

 

 

子供がいると、なかなか「ひとり」でいる時間すら取りにくい毎日だけど

リセットする時間も大切。

 

 

この間、兵庫県立美術館で久しぶりに「ひとり」で「無音」を満喫してきました。

特別展《ベルギー奇想の系譜展》は混み合っていて「無音」とはほど遠かったけれど

県美プレミアム(収蔵作品展)のほうは人も少なくて気持ちいい空間。

特別展のほうで大好きなルネ・マグリットの絵を見た後の余韻も残りつつ、

「しーん」という音が聞こえてきそうなくらいの空間にしばし浸りました。

 

 

耳もココロもすっきり♥

 

私が書きました

山下 裕子