やまちゃん ピットマスターへの道

2017.04.25
山本涼

 

ラジオCM、作ります!

ナレーション、録ります!

録音スタジオ、あります!

ナレーションのことならシードアシスト

で、おなじみの音声制作グループの山本くんの話。

 

好評の「山ちゃんシリーズ」第3弾。

「やまちゃん ピットマスターへの道」です!

 

 

(ピットマスターとは ・・・ BBQを料理する人物)

 

 

 

 

前々回の私のBlogで、完全に「もんじゃ」のイメージが付いてしまった山本くんですが、

彼が本当に目指しているのは関西最高のピットマスター。

人の笑顔を見るのが何よりの喜びだという彼にとって、最高のBBQで人を笑顔にしたいというのは彼らしい目標です。

 

 

 

さて、4月某日。

集合時間より先についた私は、皆より先に

本日の主役ピットマスター山本と合流。

その日の青空と同じ、澄み渡るようなブルーなシートの上に彼はいました。

 

 

「気合」がみなぎっています。みなぎりすぎて身体中から今にも溢れだしそうです。

もう4月の後半。

ポカポカ陽気の中、彼が冬物のコートを身にまとっているのはきっと

この有り余る「気合」が周りに溢れ出てしまうのを抑えるため。

 

 

そうこうしているうちに、皆が集まってきました。

いよいよBBQの始まりです。

焼くのはもちろん、ピットマスター山ちゃんです。

 

 

メガネの奥から、焼き加減を見る鋭い眼差し。

いつもは優しいその瞳に秘める炎は

炭の火力より強く、パーカーの如く赤い。

 

 

 

お肉だけじゃない。

様々な食材が持ち寄られ集まるのも、ピットマスターの人徳があってこそ。

 

 

 

笑顔。満面の笑みでBBQを心から楽しんでいる。

人を楽しませるにはまず自分が楽しまなきゃ、を実践。

BBQもまた立派なエンターテイメントなのだ。

 

 

 

 

そして最後は満を持して

彼の得意料理、「やきそば」が登場。

 

 


イカリソースをどばっ

 

 

 

、、、屋台の人ですか??

という程の華麗な手さばきで、彼はやきそばを完パケました。

 

彼を「録音スタジオの主」と呼ぶ人がいる。
はたまた「ナレーション収録界のプリンス」「ラジオCMの匠」とも呼ばれる彼は、
そんな彼の本当の姿は、
「やきそば焼くのが上手い人」
「やきそば焼くのが上手い人」だったのです。

 

大事なことなので、2回言いました。

 

 

しかし、味は残念でした。

 

 

「やまちゃん ピットマスターへの道」

次から、やきそばを焼くときは油を忘れず持ってこよう。と

また一つの教訓を得て、その日はお開きとなったのでした。

 

朝からたくさん準備をしてくれてありがとう。

山本くん。

私が書きました

松嶋 毅之