UCCの動画ブランディング

2016.11.11
ブランディング動画、サンドアート、UCC、上島珈琲

サンドアートパフォーマンスはみなさんご存知でしょうか?

砂を使って様々なシーンを生み出してストーリーを組み立てていき

それをオーバーヘッドでライブ中継していくパフォーマンスです。

 

最近ではちらほらテレビCMやミュージシャンのPVでも使われているため

見たことのある人は多いと思います。

 

このサンドアートを使ってブランディングを行っているのが

大手コーヒーメーカーのUCC上島珈琲です。

 

UCCではYouTubeチャンネルに多くの動画をアップしており

その中にサンドアートを使用した動画があります。

 

 

この動画は全12作ありますので、またお時間のあるときにご覧ください。

12個の動画が繋がっており、コーヒー豆が作られて

私達に辿り着くまでのストーリーを描いています。

 

動画の中にはコーヒーを作る人達の物語も組み込まれており

しっかりと事前に企画を立てたことが伺えます。

 

このUCCが作ったサンドアートのように、動画の表現方法はまだまだたくさんあります。

似たような例では、パラパラ漫画やホワイトボードアートなど

撮影と編集だけが動画の表現方法ではありません。

 

多くのクリエイティブと融合させることで、動画によるマーケティングやブランディングは

2倍にも3倍にも効果を出し、さらに独自の表現となることで、またそれが企業の価値を高めることになるのではないでしょうか。

私が書きました

石榑 文登