Clapping Music

2016.11.01
現代音楽、Clapping Music、Steve Reich、ボディパーカッション

さて、前回に宣言したとおり、ボディパーカッションのお話をしたいと思います。

 

そもそもボディパーカッションとはなんぞや?

 

「パーカッション」というのはいわゆる打楽器のことです。
「ボディ」は言わずもがな、体ですね。
つまり、簡単に言うと「体を打楽器にして演奏すること」を指します。

 

主にリズムの要素が強い音楽ですね。

 

そんなボディパーカッションの中でも最もシンプルな、クラッピング(拍手)を

今回ご紹介したいと思います。

 

「Clapping Music」

 

作曲は、ミニマル音楽家として有名なSteve Reichです。

2つのクラッピングパートからなるシンプルな曲で、
一見すると簡単そうですが、実際に演奏すると

集中力と体力をかなり消費します(笑)

 

同じ音でも、たった2つのリズムが合わさっただけで素敵な音楽に聴こえますよね。

 

いろんなアレンジ演奏も投稿されていて、
かっこいいものから面白いものまで様々です。

 

 

 

ちなみにこの「clapping music」、iPhoneアプリになっています。
easy、normal、hardの三3段階に難易度が分かれていて、
hardはかなり判定が厳しく、難しいです(笑)
iPhoneユーザーの方は、ぜひ挑戦してみてください。

私が書きました

鶴澤茉莉江