起業家が成功する要因とは

2016.09.16
起業家、新規事業の成功要因、エフェクチュエーション

起業家の行動や研究といえば、「イノベーション理論」で有名な「クリステンセン教授」をすぐに思いうかべる方も多いと思います。

新しい事業を立ち上げるためにはどうすればよいのだろうか。

 

私自身も新しい事業を立ち上げるにあたり「クリステンセン教授」の考えを反映させたり、「W・チャン・キム教授」と「レネ・モボルニュ教授」のブルーオーシャン戦略、「アーカー教授」のブランド論はずいぶん参考にさせていただきました。

 

しかし、事業を展開していく中で、疑問も沢山浮かび上がってきた事も事実です。事業を軌道に乗せていくプロセスの中で、これらの理論だけを実践したわけでばなかった。成功要因として、その他の事は、理論ではこれまでなかなか説明されることはなかったので、一体どんな要素があるのだろうか、モヤモヤした気持ちがありました。

 

その、モヤモヤを解決してくれた本が、こちらの「エフェクチュエーション」という本でした。

この本のポイントは以下です。

 

1. やりかたをよくわかっている事柄から始めよ。

2. 行動を選択する際には、大成功を狙うのではなく、大きな失点を避けるようにせよ。

3. 今までにない能力をもたらしてくれる人たちと働け。

4. 予想外の出来事を大いに活用せよ。

 

確かに、「うまくいった事例」と「うまくいかなかった事例」を比較すると、うまくいったときは上記を確実に行っていたと思います。

自分がわけのわからないモノに手を出すときほど、上手く行かず、自信があるときほど大穴を狙いがち。そして、自分の能力をさらに高めてくれる人と仕事をともにするときほど、事業に発展性が見いだせ、予想外の出来事に対して前向きに挑戦したときほど、自分に自信がつき、さらに次の展開を考える発想力が身についたと思います。

自分ひとりで何かをやろうとしたときほど、或いは、任せっぱなしにした時ほどうまく行かないものですよね。とても、勉強になった本です。

私が書きました

片山 光祐