水無月

2016.06.30
6月30日、水無月、みなづき、夏越しの祓、京都の風習

今日は6月30日。

夏越しの祓、ということで神社では茅の輪くぐりをしたりしますが

京都では厄払いの和菓子「水無月」をいただく日でもあります。

三角形の白い外郎(ういろう)の上に小豆が乗った和菓子で

京都育ちの私は子供の頃から6月30日には必ず食べていました。

それが京都独自の風習とは知らずに・・・。

 

数年前、自分の子供にも季節行事を教えようと思って

近所(大阪市内)の和菓子屋さんへ「水無月」を買いに出かけたのですが・・・無い!

あわてて梅田の百貨店の和菓子売り場も見て回ったものの

どこに行っても売っていなかったんです!!

京都の和菓子屋さんでは6月の終わりになると

どこも競うように「水無月」を売っていたのに!

それが当たり前だと思っていたのに!

「水無月」が買えなかった寂しさすら大阪育ちの家族には分かってもらえず

さらに寂しい思いをしたものです。

 

最近では京都以外でも徐々に知られてきているのでしょうか?

今年は無事に「水無月」を準備できたので、今夜いただくのが楽しみです。

 

私が書きました

山下 裕子