ボルダリングに挑戦

2016.06.10
ボルダリング 大阪、ボルダリング 八尾

弊社のグループアイデンティティは「挑戦」、「共創」、「真摯」です。

その挑戦のアイデンティティ、私生活でも発揮しています。

人生で初めて「ボルダリング」に挑戦しました。

 

子供の頃から身軽な方で、幼稚園時代、小学校時代、中学校時代と器械体操をやってきた私。

今でも、バク転、バグ宙ができる私なので、「ボルダリング」も初挑戦ですが、きっとそれなりにできるだろうと思っていました。

 

否!

 

そんなワケはありません。

テレビで見る限り、簡単そうにみえたボルダリングでしたが、これは大変でした!

 

みなさんご存知でしたか?ボルダリングのルール。

あれって、全部の石をつかんで上に登れば良いというのではないんですよね。

僕が行ったボルダリングジムでは、1~27までコースがあって、例えば1だと、1のテープが貼られた石のみを掴んでゴールまで登るというルールなんですね。

1が一番簡単で、27が一番難しいのですが、私は17までが限界でした。

 

何が限界か!?という話なのですが、まず、手で掴む力がすぐに無くなってしまいます。

初めの1~3位までは、何も考えずに登ればなんとかなったのですが、それ以降はきちっと戦略を立てて、どのように登るかを計算しておかないと、すぐに詰んでしまいます。

詰んでいる内に握力に限界が来て転落してしまします。

2時間フリーにジムを使っても良いのですが、30分ほどでそうとう疲れて筋力の回復に20分ほどかかりました。

 

2時間って長いようですが、ほとんどを休憩時間につかってしまうという情けない話。

 

 

腕力だけで登ろうとするからダメなんですね。

YouTubeは便利です。さっそく、「ボルダリングのコツ」というキーワードで検索をかけると上記の動画がでてきました。

大きな筋肉を使って登らなきゃですね。 こういった動画をみて勉強しながら、次回、ボルダリングリベンジしたいと思います。

 

ちなみに、3日間、指と腕の腱が痛かったです。

みなさんもぜひ挑戦してみてください。

頭と体感が鍛えられるそうです。

私が書きました

片山 光祐