TAJIMA COFFEE がお気に入り

2015.11.25
カフェ、ブランディング

休日、よくカフェに行きます。 なんかちょっとお洒落な雰囲気のカフェを探して、場合によっては車で遠出してスイーツとデザートを食べて帰ってきます。

 

最近、ヘビーローテーションになっているのが、生野区にある「TAJIMA COFFEE」です。

サイトはこちらです。

 

サイトに行っていただくとお洒落な雰囲気なのはよくお分かり頂けるとは思うのですが、来ているお客さんも若いカップルから、女性同士であったり、赤ちゃん連れだったり、老夫婦であったりと幅広い層の方が多いです。にもかかわらず、店内はとっても静かで落ち着いており、リラックスできます。

 

本や雑誌をゆっくり読んでいる人もいます。

 

もちろん、スイーツやコーヒーもすごい拘っているのですが、私のおすすめはランチの「プレーンオムレツ」。

FullSizeRender

ぜひお試しあれ。

 

で、今回のお話ですが、こちらのカフェ、なんと母体はサングラスメーカーの「TALEX」さんなんです。

 

生野区の田島というエリアは、日本のメガネレンズ発祥の地で、ここに本社を構える「TALEX」さんは「世界で唯一の偏光レンズ専門メーカー」なんですって。そのサングラスの販売店舗に併設されているのが「TAJIMA COFFEE」。

 

サングラスを選ぶ時ってだいたい、フレームのデザインやブランドで選ぶ方が多いのではないかと思いますが、「TALEX」さんの偏光レンズは体験すると、「レンズで選ぼう!」っていう新しい考え方が芽生えると思います。

 

「TAJIMA COFFEE」には、その偏光レンズを体験できる仕組みがあって、各テーブルに体験用のサングラスが置いてあるんです。コーヒーが来るのを待っている間や、なんとなく手持ち無沙汰になってしまった時、何気なく手に取ってしまいます。

 

なかなか、上手く文章では伝える事ができないのですが、普通のサングラスと、こちらの偏光レンズは比べると、見えやすさが全く違います。ぜひ体験してもらいたいと思います。

 

私はというと、これまで、「TALEX」というサングラスメーカーの事も、「偏光レンズ」の事も「TAJIMA COFFEE」に来るまで全く知らなかったのですが、こちらでかけてみて、体験してしまい衝撃を受けその場で買ってしまいました。

 

プロモーションやブランディングの手法にも、『顧客体験型』で『一石二鳥』が狙える展開があるのだと、すごい勉強になりました。(もっと言うと、僕はこうしてブログで紹介してしまっていますし、顧客体験がネット上でシェアされるって凄い力だと思います。)

 

最近は、いかにSNSを含めたインターネットや、マスメディアを使ってといったプロモーションやブランディング、マーケティング手法が、主流になっていますが、こういった「アナログ要素」ってブランディングを形成する根幹部分として不可欠だと改めて感じました。

 

IMG_3528

 

「TALEX」さんのサングラス、車を運転する時も、ゴルフをする時も、めっちゃ助かってます!

 

 

 

私が書きました

片山 光祐