秋のオノマトペ

2015.11.18
京都、秋、紅葉、オノマトペ

もう11月も半分以上終わっちゃいましたね。

二十四節気で言えば今は”立冬”なのに

妙に暖かい今日この頃。

こんな気温でも各地の紅葉は綺麗に色づいているのでしょうか?

(写真は数年前の京都です)

 

 

CIMG0851

 

さて、日本語は他言語に比べて格段にオノマトペ(擬音語・擬態語)が多い言語です。

たとえば「おなかがペコペコ」「ぴょんぴょん跳ぶ」なんて

小さい子供でも普通に使っています。

特に大阪の人は会話にオノマトペを頻繁に使うということは

よくテレビでも取り上げられるネタです。

「そこの道をダーッと行って、右にピッと行ったとこ」とか。

私もよく言っているような気がします。

そういうノリのいいオノマトペも面白いですが

「侘び寂びオノマトペ」が秋には似合います。

紅葉の葉が散る様子を表現するなら・・・

 

 

      はらはら

 

 

実際に「はらはら」という音をたてて落ちてくるわけでもないのに

実にその様を情緒豊かに表していますよね。

誰が考えてくれたのでしょう。

 

画が浮かぶ美しい言葉。

画が浮かぶ豊かな表現。

私が創る「音」も、そんなところを目指したいと思います。

 

 

<追記>

山下家では昔からセーターが肌にチクチクすることを

「シカシカする」と言います。

ごく普通の京都弁だと思っていたのですが

京都の人に訊いても、大阪の人に訊いても笑われるだけで・・・

どなたか「私もシカシカって言うよ~」という方、いらっしゃいませんか?

私が書きました

山下 裕子